麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


キムラーうどん

旨辛夏野菜さっぱりかけうどん

胡麻味噌うどん

学割

骨付き鶏

お品書き

お品書き

納豆

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!

※下記のサービスは終了しております
・月曜日・・・レディースデー
・火曜日・・・生卵1個サービス
・水曜日・・男性だけ1玉増量無料
・平日・・・・学生割引

過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
2月28日(日)をもちまして閉店させていただくことになりました。長い間ご愛顧いただきどうもありがとうございました。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2016年7月20日(水)

 別に栗林公園ウォッチャーでも何でもないのだが、栗林公園の鯉の続報である。

 7月16日の四国新聞に載った記事。

***

(見出し)
栗林公園 ニシキゴイの楽園再び
カワウなどの食害で減少
ネットで購入資金募る

(リード)
 再びニシキゴイの楽園にー。国の特別名勝・栗林公園(高松市)がインターネットで出資を募る「クラウドファンディング(CF)」を活用し、園内のニシキゴイを増やす取り組みを始める。野鳥による幼魚の補食や高齢化の影響などで減少しており、プロジェクトの推進によって色鮮やかなニシキゴイの購入資金獲得を目指す。

(本文)
 同公園観光事務所や地元のコミュニティー協議会、ボランティアガイドクラブなどでつくる「栗林公園にぎわいづくり委員会」が企画した。園内のニシキゴイは2012年の調査で1千匹の生息が推計されたが、以降は毎年25〜60匹ずつ減少。昨年3月に稚魚計116匹の放流を試みたが、2週間ほどで野鳥のカワウなどに食べられてしまった。

 CFでの目標金額は60万円。食害に遭いにくい体長40センチ程度にまで成長したニシキゴイが約80匹購入できるという。(以下略)

***

 とりあえず、メディアではもう「カワウの食害」ということで確定のようである。以前私に電話をくれた信頼できる知人によると「平成の大冤罪(笑)」の可能性が高いとのことであるが、まあ冤罪かどうかは私には確定できんので、これ以上は追求しないことにしよう。もし私がカワウに代わって再審請求してやっても(一審すら行われてないが)、もし勝訴して「被告は原告に慰謝料としてエサの魚を500匹支払うこと」とか言われたら、夫婦2人でとても食べ切れんし(笑)。

 ちなみに、記事から鯉の匹数だけを整理すると、
2012年…約1000匹
2016年…約 800匹(年平均50匹ずつ4年間減り続けたとして、200匹減)
ということのようである(3月の四国新聞では「3割減」と載っていたが)。

 けど、どうもこの数字が私の感覚と合わないので、今朝7時半頃、また栗林公園に行って鯉を見てきました。すると、こないだ見に行った5月12日の夕方4時半の状態に比べて、ちょっと増えていました。

 その感じを比較してみると、こういう印象である(感覚的なデータなのでアバウトではありますが)。

●チェック場所…吹上亭の前の「鯉のエサ」をやる所と、日暮亭のそばの小さい太鼓橋の下(鯉が最も群れるのはこの2カ所)
●匹数…そこに集まってきた50センチオーバーの大きな鯉の数

<2000年〜2010年にかけて取材で2回行った時>
●吹上亭前……200〜300匹(当時の写真から推計。野鳥の会ほど正確ではないが、左翼のデモ参加者の主催者発表よりは正確だと思う・笑)
●日暮亭そば…50〜100匹

<5月12日・16:30〜17:00頃>
●吹上亭前……約5匹(足元に寄って来たのは4匹。あと、向こうの偃月橋あたりから数匹こっちに向かって泳いできていたような気がするが)
●日暮亭そば…5匹

<7月20日・7:30〜8:30頃>
●吹上亭前……20〜30匹
●日暮亭そば…30〜50匹

***

 以上の確認から推測されること。

(1)全体は知らないが、あの2カ所に集まってくる鯉の数は、どう見ても2割減や3割減じゃない、7〜8割減だろう。
(2)「日暮亭そば」より「吹上亭前」の方が明らかに大幅減になっている。ちなみに、前出の信頼できる知人が「原因ではないか?」と言っていた「コンクリート舗装が施された舗道」は、吹上亭前の池に沿って造られているから、そう言われれば辻褄は合ってくる。
(3)50センチオーバーの鯉は増量されていないはずなのに、この2カ所にちょっと増えてきたということは、鯉は「ほぼ全滅」ではなくて、一部がどこかに退避していたのではないか?
(4)とすると、もしかすると「一部」ではなくて、ほぼ全ての鯉が園内の人には見えないどこかに退避しているという可能性も出てくる。しかし、それなら「カワウの被害で2〜3割減」という関係者の証言と新聞報道自体が誤報になり、カワウは無罪だということになる。
(5)それでもとにかく、今日の時点で2カ所に寄って来ていた50センチオーバーの鯉がかつての200〜300匹から数十匹に減っていることは事実である。ということは、その大きさの鯉はカワウが飲み込めないのだから(「体長40センチ程度にまで成長したニシキゴイは食害に遭いにくい」とあるし、3月の四国新聞記事には「35センチ以上はカワウが飲み込めない」と書いてある)、ここでもやっぱり「カワウが主犯」という断定には無理があるのではないか?

 いかんいかん、また「カワウ無罪、セメント有罪」説に傾いて行きよる(笑)。

 ちなみに、新聞では「昨年3月に稚魚計116匹の放流を試みたが、2週間ほどで野鳥のカワウなどに食べられてしまった」とあるが(3月の記事では「食べられてしまったという」という伝聞表記になっていたが、今回は断定されている)、5月に見に行った時も今日も、10センチ程度の黒い稚魚は無数に泳いでいました。

 栗林公園の池の名物であった大量の巨大な錦鯉は、そのほとんどが穴吹工務店の創始者の穴吹夏次さん(鯉の大家でもあった)が長年にわたって寄贈し続けて来たものだそうだ(かつて、穴吹工務店の中枢の方から何度か聞きました)。ということは、栗林公園はもともと「池に鯉なんかあんなにいなかった」と思われる。すると、この鯉の激減は「本来の姿に戻りつつある」という話になるのかもしれない…と、「じゃあどうしろというのか?」という話から逃げて、本テーマを終了させていただきます(笑)。

 最後に、私的最新うどん情報を2つ。

(1)飯山の「なかむら」から分家した高松市前田東町の「なかむら屋」のうどんが、開店以来最高のキレッキレの麺になっています。けんちゃん(大将)、腕が研ぎ澄まされてきてるんじゃないか? あまりにうまかったので、帰りに心の中で「よ! なかむら屋!」と一声掛けてきました(笑)。

(2)こないだ久しぶりに『愛すべき柳川』に行って参りました。一時、私的にちょっとキレが弱くなってたあの細麺が、こちらも見事に復活していて、大満足であつあつの大を食べてきました。店内では、大阪から来たらしいアラフォーよりはちょっと下の「アラ35」ぐらいの女性3人組が、うどんを食べ終えてくつろいでいて、その中のお一方が、あとの2人に滔々と「うどん論」を語っていらっしゃいました。

女性「讃岐うどんのコシって、私たち大阪の人間が思っているような固さとかじゃないのよね」
(お、ええとこ突いてる!)
女性「固さとか弾力がコシじゃなくて…」
(ん? 弾力はコシの結構な要素やぞ)
女性「讃岐うどんのコシは、“のど越し”の“越し”なんよ」
(何じゃそれは??)
女性「こっちのうどん屋のご主人から聞いたから間違いない」
(それ、たぶんおっちゃんがネタで言うたんだと思う・笑)

 でも、最後にその女性が柳川の店とうどん体験をまとめて「あー、幸せ」と言ったので、全面的に許してやろう(笑)。


2016年7月16日(土)

 3ヵ月くらい前から、家にあるFAXの「スタートボタン」の利きが悪くなり始めて、何度も何度も押し続けないとスタートしなくなってきていたのである。仕事柄、パソコンで書いた原稿をプリントアウトしてFAXで送るという(送り先の方がデータのやり取りでなくてFAXに手書きで修正をしてくる方なので)作業が絶対に欠かせないため、いずれ何とかしないといけないと思っていたのだが、それがここ数週間、かなりの末期的症状を見せ始めて、昨日なんか、原稿をセットしてFAXのスタートボタンを押して、押して、押して、押して、押して、押して、押して、押して、それでも無反応なので今度は右手の親指で長押しして、長押しして、長押しして、長押しして、長押しして、FAX機が潰れるかと思うくらい力を入れてさらに長押しして、長押しして、長押しして…しまいにFAX機より先に親指が潰れそうになったので、あきらめて、もう直接持って行こうと思って手を離した時に「ピ」いうて紙が吸い込まれ始めたという、私ぐらい温厚でなければFAXを叩き割ってしまいそうな事態になってしまったのである。

 そこで、これはほんまにいかんということで今日の昼前、ブラザーのコールセンターに電話をした。

 しばらく待たされた後、担当の方につながったので事情を話したら、「おそらくスタートボタンの接触が悪くなっていると思われます。修理した方がいいと思われますので、修理受付センターに電話してください」と言われた。「了解しました」と言って電話を切ってすぐさま修理センターに電話をすると、新たな担当者から「田尾様ですね。FAXのスタートボタンの利きが悪くなって相当長押ししないと起動しないということですが…」と言われた。え? さっきコールセンターの電話を切ってまだ30秒後なのに、そんな情報まで伝わっとんか! 恐るべし、ブラザーコールセンター。

担当「本体をお預かりして修理する方法と、お宅にお伺いして修理する方法がありますが、どちらがよろしいでしょうか?」
田尾「結構頻繁に使っていますので、直しに来てもらえますか?」
担当「わかりました。では、のちほどそちらにお伺いする者から電話を入れさせますので、そこで日時等の打ち合わせをお願いします」

 という話になって、私は電話を切って、それから大円に行って「天ぷらおろしぶっかけ」と「いなり」を食って、その足でクラフトマンズファクトリーに行った。すると、着くやいなや電話がかかってきて、今日の夕方4時頃修理に来られると言う。早い! そこで、私はクラフトマンで2時間ぐらい原稿を書いたリマスターとしゃべったりして、3時頃帰宅。しばらく家で原稿の続きを書いていたら、4時過ぎに修理の人がやって来たのである。

 それが、思わぬ展開の始まりであった。

***

 やって来たのは、たぶん40代くらいの小太りの頭髪が控えめな男性であった(失礼・笑)。そこで、さっそく私の狭苦しい仕事部屋に入ってもらって、FAX機を指して「これがどうにも…」と言いかけたその時、担当の兄ちゃんが恐る恐る私に言った。

担当「あの…失礼ですが、あのタウン情報の…」
田尾「あ、はい」
担当「やっぱりそうですか! いや、ブラザーから連絡があってお名前を拝見した時に、同姓同名の方がいるとは思えなくて、まさかとは思いながら来たんですけど。私、『笑いの文化人講座』の大ファンで欠かさず読んでまして、『そんなわけ、ねーだろ!』の公開録音にも行きました」
田尾「ほんまですか! めちゃめちゃヘビーですやん!」

 1980年代〜90年代の『月刊タウン情報かがわ』と、その目玉連載投稿企画であった「笑いの文化人講座」、そして文化人講座のスピンオフ的なラジオ番組で、香川県だけではあるが当時の『オールナイト・ニッポン』の聴取率を抜いていた『そんなわけ、ねーだろ!』。あの時に熱狂していた香川の中高生が今、40代あたりのおっさん(笑)になっているのである。しかし、未だに「文化人講座」や「ねーだろ」の話が出てくるとは、改めてあれはバケモノだったんだなあと思い知らされたわ。

***

 それから修理が始まった。私は別に行き場もないので、担当の兄ちゃんと昔話やら何やらをしゃべりながら、修理の横で原稿を続けようと思ってパソコンを開けた。そして画面を見た瞬間、ふと思いついたのである。

田尾「パソコンのディスプレイのこととか、わかるん?」
担当「どういったことですか?」
田尾「ちょっと、これ見て? 画面がムチャクチャ汚いやろ」
担当「ほんとですね」
田尾「これね、もう2年ぐらい前に、アルコールの入ったウエットティッシュでパソコンのディスプレイ画面の外枠を拭いてたら、それが液晶部分に当たったみたいで、そのせいで画面の周りが白く変色してしもたんよ。けど、最初何が起こったんかわからんかって、何じゃこりゃ、と思ってそのアルコールタオルでわざわざもう一回上から拭いたら、そいつがワーッと広がってしもて、なんかをぶちまけたみたいに汚い画面になってしもたんや」
担当「確かに、ほとんど全面に広がってますね」
田尾「それでネットでちょっと調べてみたら、Yahoo!知恵袋でいきなり『あちゃ〜! やってしまいましたねー。結論から言うと、治りません』って書かれてるのを見つけて、あきらめた。それからもう2年もこの状態。まあ、スリープ状態で画面が黒い時はめちゃめちゃ汚いけど、仕事し始めて画面が明るくなったらそれほど気にならんからええか、と思って。けど、打ち合わせや何かで誰かの前でこのノートパソコンを開けたら、10人中8人ぐらいに『どしたんですか』言われるんよ。それをいちいち説明するのが面倒くさくて(笑)。もう何回も何回もいろんな人に説明してきたから、結構練れた一本ネタになっとるけど(笑)」

 とか言いながら、まあ無理だろうなあと思いつつ、「こんなん、修理利くん? 液晶画面を差し替えるとか…」と尋ねてみたのである。すると、兄ちゃんが言った。

担当「無水エタノールで拭いてみたらどうですかね」
田尾「けど、アルコールでこんなになってしもたんで。エタノールって、アルコールの仲間やろ?」
担当「まあ仲間ですけどね、私ら、よく無水エタノールでいろんなものをクリーニングするんです」
田尾「ほんまですか!」
担当「いや、うまくいくかどうかはわかりませんけど」
田尾「かまん。どうせこんなに汚いんやし、もしやってみてさらに汚いことになったらラジオでしゃべっとくわ(笑)」
担当「それなら、ちょっと待ってくださいよ」

 と言って、兄ちゃんはバッグの中から仕事用の無水エタノールのボトルを取り出した。

担当「ちょうど持ってました。ちょっとこの布にエタノールを含ませて、拭いてみますか?」
田尾「やってみよか」

 私はパソコンの電源を切って画面を黒くした。画面全面に、2年間も付き合ってきた、薄白い油をぶちまけたような霞のような汚れが浮かび上がる。

 薄い布にエタノールを含ませて、恐る恐る右上の隅の方を軽く拭いてみた。

担当「どうですか?」
田尾「うーん…気持ち汚れが取れたような、取れてないような…。ええか、どうせ汚れとんやし、思いきって行ってみるか」

 私は意を決して、布にエタノールをさっきより多めに含ませて、さっきより広めに、さっきより強めに拭いてみた。すると、

田尾「あ! 汚れが取れていきよる!」
担当「取れてますね!」

 サーッと拭いたぐらいでは取れない頑固な汚れなのだが、少し力を入れてゴシゴシやると、確実に汚れが取れていくではないか! 私は何度も布にエタノールを含ませ、夢中でこすり始めた。

 感触から言うと、こすっていてもほとんど抵抗がないため、物理的な汚れをこすり取っているという感じではない。エタノールの成分と摩擦熱で何かの化学反応が起こっているのではないか? という感じなのである。しかしそれから20分ほど一心不乱にこすり続けていたら、画面の半分くらいの汚れがきれいさっぱり取れて、買ったばかりの時のようなクリーンな光沢が蘇ってきた!

担当「取れてますね!」
田尾「信じられん! まさかこんな日が来るとは夢にも思ってなかった! これで絶対、めちゃめちゃ仕事がはかどるわ!」

***

 画面全面をクリーンにするには、おそらく1〜2時間はかかりそうだった。しかし、2年も我慢して、というよりもうあきらめていたことを考えれば、2時間だろうが1日だろうが何でもないわ。

 そうこうしているうち、パソコン画面を全面クリーンにする前にFAXの修理が終わった。そこで、残りの半分は後日、どこかでエタノールを買ってきてから取り組もうと思っていたら、兄ちゃんから「このエタノール、使ってください。私はもう一本持ってますから」という、誠にありがたい申し出があった。お言葉に甘えてエタノールをもらい、修理を終えた兄ちゃんをお見送りして、私は引き続きパソコン画面をエタノールでこすり始めた。

 1時間後、私のパソコンが2年ぶりに、クリーンな輝きをほとんど取り戻しました。もう、信じられません。あまりの美しさに、原稿を書いていてもしょっちゅう「スリープ」にして美しいクリーンな画面を眺める有様で、ちっとも原稿が進みません(笑)。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.