麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


生ハム

キムラーうどん

旨辛夏野菜さっぱりかけうどん

胡麻味噌うどん

学割

骨付き鶏

お品書き

お品書き

納豆

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!

※下記のサービスは終了しております
・月曜日・・・レディースデー
・火曜日・・・生卵1個サービス
・水曜日・・男性だけ1玉増量無料
・平日・・・・学生割引

過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
2月28日(日)をもちまして閉店させていただくことになりました。長い間ご愛顧いただきどうもありがとうございました。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2016年8月27日(土)

 昨日は夜中まで集中力が充実していて、「讃岐うどん未来遺産プロジェクト」の原稿やチェックが4本も片付いたので、今日は朝から次の原稿の全体構成を考える作業に取りかかった。どんだけ仕事に時間を費やすんだ、と言われても、時間を費やす趣味が何もないから仕方がない。「仕方がない」じゃなくて、仕事をして、大きくても小さくてもそれが何かの成果を上げて誰かが喜んでくれることが、たぶん数十年来の私の一番の趣味なんだろうと思う。で、たまに旅行に行ったり、お気に入りのものを買ったり、いろんな人としゃべって盛り上がったりウケたりすればそれで十分…みたいなところがあるのである。この歳になると。

 でも、若いもんは頑張って考えて頑張って働けよ(笑)。自分の人生を切り開いて行くのは自分の意志なんだから。私の数ある座右の銘の一つに「自分の身に起こっていることの92%は“自分が起こしたこと”だ(残りの8%は消費税)」というのがあるが、ちょっとだけ修正して「自分の身に起こっていることの91%は“自分が起こしたこと”だ(残りのうちの8%は消費税、1%は不可抗力)」という感じにしておこう。あと、消費税の動向によって随時微修正。

 そういうわけで、別に公表する必要もないけど、チンペイ他数人の要請により更新回数を稼ぐために、今日の一日です。

8:00 次の原稿の全体構成を考えながら、執筆を始める。

10:30 2時間ぐらいして思考が固まり始めたので、「書斎」を変えて「灰皿のあるオシャレで静かでコーヒーがうまい店1号」のクラフトマンズファクトリーに行って、カリブブレンドと一緒にスイートポテトパンを食べながら、カウンターにいたおっちゃん2人組がニッポンの社会や芸能界を斬っているのを聞きながら(笑)、1時間半ほどパソコンに向かって仕事をする。

12:00 家に帰って、再び仕事に取りかかる。今日は17:30から、ある学会の全国大会で講演を頼まれているので、17:00くらいに会場(家から車で10分くらい)に行かなくてはならない。

16:15 吉本のマネージャーから電話がかかってくる。
吉本「あ、田尾さん、今どちらにおられますか?」
田尾「家で仕事してます」
吉本「今、先方から“田尾さんがまだ来ない”と連絡があったんですけど」
田尾「え?! 講演は17:30からだと聞いてたんですけど、時間間違ってました?!」
吉本「いや、17:30からでいいんですけど、パソコンのセッティングの確認とかをしないといけないそうで…」
田尾「わかりました。じゃあ、今から30分ぐらいで行くと伝えて下さい」

 あーびっくりした。講演時間を1時間間違えてたのかと思った(過去に会合等で何回かやらかしてるので・笑)。

16:45 講演会場に到着し、段取りをすませて講演も無事完了する。ウケました(笑)。

19:00 家内から着信が入っていたので電話をすると、

家内「今、どこ?」
田尾「さっき講演が終わって家に帰りよる」
家内「講演? 講演やしよったん」
田尾「声が枯れとるやろ」
家内「そう言われれば、ちょっと枯れとるな。いや、今、広場のマルナカにおるんやけど、晩ご飯どうするかなあと思って」
田尾「ま、とりあえず家に帰って…」

19:20 夫婦で山かつに行ってとんかつを食う。

20:00 久しぶりにアップタウンでコーヒー飲んで帰ろうということになって、アップタウンのすぐ横にある田町の駐車場に車を止め、タバコを持ってなかったので田町商店街の交番の向かいにあるいつものタバコ屋に立ち寄る。そしたら店のねえさんが、

ねえ「おばあちゃん、おるよ」
田尾「えっ?!」

 店の向かいを見たら、交番の横の石に、おばあちゃんが腰掛けてこっちを見ている。ここのタバコ屋のばあちゃん、数年前までは夜の9時の閉店まで店に出ていて、行くたびにああだこうだと話をしていたのであるが、ここ数年、夜は店を娘さんに任せているのか、ぷっつりと顔を見なくなっていたのだ。

 タバコを買って、10mぐらい先の石に座っているばあちゃんのところへ行く。

田尾「百年ぶりぐらいに見たわ」
ばあ「ほんまやなあ、もうそれぐらいになるかな」
田尾「もう店に出よらんのですか?」
ばあ「社交ダンス行っきょん」
田尾「ダンスしよん!」
ばあ「ダンスいうても、ちょちょいと、こなんするだけや。くるくる回ったりせんがな。腰めいでしまうわ」

家内「何か、顔がきれいになっとる」
ばあ「またまた、何を言いよんな。化粧もしたことないのに、しわくちゃのそのまんま」
家内「ほんと? 何かしてるでしょ」
ばあ「何ちゃしとらんしとらん」
家内「まゆげもちゃんと書いて」
ばあ「書いとるもんな。そのままそのまま」
家内「ほんとー?! そしたらすごいわ!」
ばあ「うまいこと言うて。これで何か買うてき(笑)」

 しばらくすると、お客さんも途切れて店からねえさん(ばあちゃんの娘さん)も出てきた。

家内「おばあさん、化粧もしてないのにめちゃめちゃ肌がきれいやわ」
ねえ「社交ダンス行く前に化粧しよったよ」
ばあ「あれ? 顔洗たのに落ちてないんかいの」

 ばあちゃん、相変わらず冗談かほんまかわからんわ(笑)。

ばあ「田尾さんも社交ダンスしよ」
田尾「僕はあかんわ(笑)」
ばあ「大丈夫や。すぐにできるわ。ちょっと、こなんしてな…」

 と言いながら、ばあちゃん、立ち上がって正面に来て、私の手を取ってダンスの手ほどきを始めた。

田尾「ちょっとちょっと、商店街の真ん中でばあちゃんとダンスを始めたら、新聞に載るがな!」

 結局、田町商店街の交番前で、人がバラバラと通りゆく中、私もばあちゃんの横の石に座り込んで30分もしゃべっていました。

***

20:40 アップタウンに行くと、マスターと牛乳屋さんがいた。

マス「今さっきまでクマ公がおったぞ」
田尾「え!」
牛乳「表ですれ違たんちゃう?」
家内「タバコ屋の方から来たけど、会わんかったよ」
マス「おー、クマ公、店出て反対の方へ帰ったんや」
家内「クマさん、広島から来てるんでしょ? うちも数ヵ月に一回ぐらいしか来んのに、クマさん遭遇率めちゃめちゃ高い(笑)。今日は遭遇してないけど」

 それから夜の10時過ぎまで、「サメとトカゲをかけ合わせて『切っても切っても生えてくるフカヒレ』開発計画」をはじめとする数々の先進的テーマを話し合って(アホです・笑)解散した、という一日でした。今日はこんなところで。


2016年8月24日(水)

 前回の日記について、O船から「確かに心肺機能は心配ではあるが…」という遠回しにあからさまな誤字の指摘が来たが、これが『うどラヂ』本番中にごんから指摘が来たのであれば「そういう意味でわざと書いたのだ」というあからさまにウソの言い訳で話を展開するところ、さすがにここで文章でやるとあからさまに「イヤなやつ」のニュアンスが勝ってしまうので、校正ミスを認めざるを得ない(これがすでに面倒くさい言い訳であるが・笑)。

 このあたり、同じ内容でも「数人の会話のやり取り」と「一人語りの文章」では伝わり方が違う、という、しゃべりと物書きの両方をやって来た方々にはよくおわかりいただける注意点ではありますが、ネット等でコメントをダダ流しされている一部の素人の方々には、何というか、“寝言”でしょうね(笑)。

 さて、学生は今、夏休みであるが、「インタレスト」は毎年夏休みと春休みが企画の情報収集(取材、アンケート、撮影、データ収集などなど)の書き入れ時(?)なので、毎週水曜日は有志集合。その他の日も随時、情報収集活動の日々である。

 で、次号の企画は今、4本が同時進行しているのであるが、そのうちの1本が「香川の公園」。ぬるい。実にぬるい(笑)。

 「香川の公園を紹介しよう」という企画は、もう5年以上も前からインタレストの企画会議で毎回のように学生から挙げられてきた。そしてその都度、「おもしろい切り口が見つからない」という理由でボツになって来たのである。紹介すべき香川の素材としては誰でも思いつくテーマだけど、そのままやるとただの公園紹介になってしまって、おもしろくも何ともないという、厄介極まりないテーマである。

 もちろん、「公園」についての素材情報はたくさんある。

(基本情報)公園の名前、できた年、広さ、場所、種類、
(施設情報)公園内にある体験施設、観賞施設、トイレ、駐車場…
(物情報) 遊具、銅像・石像、オブジェ、メイン看板、案内看板、各種標示物、ベンチ、池、魚、昆虫、鳥、小動物、木、花、草、岩、石、土、砂…
(事情報) 料金、サービス、催し物、公園からの眺望…
(人情報) 管理者、従業員、利用客、業者…

 と並べるだけで、何か企画が出て来そうな気はしなくもない。

 さらに、これらの素材に「網羅」「比較」「推移」等々の切り口を当てはめてみたり、「ランキング」「分布」「投稿」「クイズ」「アンケート」「対談」座談会」「体験レポート」等々の見せ方をこねくり回してみたりしながら企画に絞り込んでいくのだが、これが新聞で連載するとか、テレビや雑誌で特集するとか、行政の観光ホームページで展開するとか、そういう種類の情報発信ならここから大小の企画が50でも100でも出てくるけど、「インタレスト」には、
(1)年2回しか発行しない。
(2)1号丸ごと使ってもせいぜい20ページ、通常なら8〜10ページくらいでまとめないといけない
(3)制作総指揮が私なので企画の採用基準がちょっとおかしい。
という制約がかかってくるので、そう簡単には採用企画にならない。ま、一番厄介な制約が(3)ですけど(笑)。

 でも、この「ちゃんとした企画に仕上げることが難しい」というのは口で言ってもなかなか理解されないので、しょうがない、一回行ってみるか? ということで、今日、編集長の西岡、副編の横Z、特集リーダーの谷、お目付役のO野とガンジー、それと私の6人で車2台を連ねて、本番を想定したロケハンに突撃したのである。

***

 朝8時、大学のインタレスト編集室に5人の学生が集合したので、私はまず、担当学生に今日のロケハンのスケジュールを確認した。すると、市町別の公園リストはある程度揃っているのだが、そこから先の計画がまるでできてない。企画の切り口が決まっていないのだから、当たり前だ。リストの中のどこどこをピックアップしたらいいのかすらわからないし、かといって闇雲に全部行こうとしても数が多すぎて収拾がつかなくなる。

田尾 ほら、切り口が見つからないと出発もできんだろうが。
谷  すみません。
田尾 安易な企画のままスタートすると、こういうことになる。しょうがない、今日はとりあえず切り口を見つけるためのロケハンにするから、まずはどこかの公園に行って、目を皿のようにして観察しながら「使えるネタ」を探すことにするぞ。そうやな、今日は西の端から攻めてみるか。
谷  リストはあります。
田尾 そうやなあ、まず、上戸に行くか。
谷  あの、上戸という公園はリストに入ってないんですけど…
田尾 あ、そうか。谷は高知出身やから、あんまり香川の地理がわからんのやな。上戸という公園はな…
横Z 公園じゃなくてうどん屋です!
田尾 なぜそれを!

***

 そういうわけで、夕方4時半頃帰ってきました。帰って来たら、編集室に前編集長の中尾と前副編の菅野と谷と一緒に次代のインタレストを担う予定はずの一人である溝渕が来ていた。

中尾 田尾先生のロケ、楽しかったやろ。どこ行ってきたん? 
横Z 上戸と柳川。
中尾 うどん屋ばっかりやん!
田尾 間を全部抜いて報告するな!

***

 とりあえず、6カ所の公園(しかし、ただ者ではないぞ)を探検して、何となく公園紹介の切り口を見つけて、企画になりそうな糸口だけは捕まえてきましたが、果たしてどうなることやら…。

 ちなみに、もう一つの手探り状態の企画は、これも学生から言葉だけの提案があった「古墳」の紹介企画。どうやってもおもしろい企画になりそうにないのだが、これから1ヵ月ぐらいかけて、何が何でも切り口をひねり出す。かつて、リビングの谷本お笑い編集員が古墳紹介企画に付けた「古墳にコーフン?!」という渾身のサブタイトルを凌ぐタイトルだけは付けないかん(そこかい)。今、頭の中を「♪静かな古墳の森の陰から…」というフレーズがメロディー付きで回っているのだが…。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.