麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ハイボール
生ハム

キムラーうどん

旨辛夏野菜さっぱりかけうどん

胡麻味噌うどん

学割

骨付き鶏

お品書き

お品書き

納豆

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!

※下記のサービスは終了しております
・月曜日・・・レディースデー
・火曜日・・・生卵1個サービス
・水曜日・・男性だけ1玉増量無料
・平日・・・・学生割引

過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
2月28日(日)をもちまして閉店させていただくことになりました。長い間ご愛顧いただきどうもありがとうございました。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2016年8月30日(火)

 ひえ〜! 夜の10時頃からスイッチが入って集中力が充実してきてしまって、午前2時半までぶっ通しで原稿に向かって、1本仕上がった。31日は朝からインタレストの取材で県内を走り回らないかんのに、3時前になっても目が冴えている。どうしよう(笑)。シリアスな日記ネタはあるにはあるのだが、そんなの書いてると明日の取材、絶対アウトになるし…やっぱ、4時間ぐらい寝よ。

 あ、錦織が全米オープンの1回戦、勝った。


2016年8月29日(月)

 こんな細かいことは小姑みたいで書くつもりもなかったので放っておいたのだが、和Dが話題に出すもんだから書いておく(よし、これで何かあっても和Dのせいにできるぞ・笑)。

 もう2週間も前の四国新聞の記事です。

***

(見出し)
瀬戸内国際芸術祭2016夏
来場者 前回比5.5%減
中間集計 高松港関連行事は好評

(本文)
 瀬戸内国際芸術祭の実行委員会事務局は15日、夏会期(7月18日〜9月4日)の来場者数の中間集計を発表した。開幕日から25日間(8月11日まで)の延べ来場者数は20万3838人で、3年前の前回同時期(21万5610人)より5.5%減少した。前回、夏会期開催だった伊吹島会場が今回は秋会期開催となっており、伊吹島を除くと、前回同時期より6728人上回った。

 同事務局は「高松港周辺で開かれた関連イベントが好評だったようだ」としている。

 会場別の来場者数をみると、トップは高松港周辺の6万1210人。次いで直島4万6112人、豊島3万313人、小豆島2万8591人、犬島1万201人などの順。

 同芸術祭の来場者数は前回同様、各会場の基準施設計29カ所を訪れた人数の合計で算出している。

***

 要するに、

・前回カウントした伊吹島が今回のカウントには入っていないので、合計が5.5%減った。
・その伊吹島の分以外は、前回より6728人増えた。

ということですか? じゃあ、実質的には「開催した会場の合計は去年より増えている」ということなんだから、「来場者 前回比5.5%減」などという大見出しを付けたらダメでしょう。

 さらに、最後に「前回同様、各会場の基準施設計29カ所」とあるのはどういうこと? 去年あった伊吹島の基準施設(何カ所か知らないけど)が今年は秋に回ったのに、「前回と同じ29カ所の合計」って????

 とにかく、何をどう読んだらいいのか、どういうメッセージを出そうとしているのかよくわからない記事です。

 というか、もうこういう変なカウントの仕方をした事務局発表数字をそのまま報道するの、やめたらどうですか? どうしても来場者数の比較を記事にしたいのなら、以前私がやったように「事務局発表数字をカウントした施設数と開催日数で割って、1カウント施設あたり1日の平均鑑賞者数」とかいう、ちゃんと比較して意味のある数字に置き換えるとか。とにかく、「分母」をきちんと同じにしないと正しい比較にならん、というのは小学校の算数の話でしょう。

***

 それよりも、もういい加減に瀬戸内国際芸術祭を「来場者数」だけで云々言うのも卒業すべきだと思うのですが。

 例えば、もし「世界から優れた現代アート作品が集まる芸術祭に育てていく。また県民をはじめとする多くの人がそれに触れる機会を提供する」という目的があるのなら、毎年世界から「優れた現代アート作品」が集まっているのかどうか、それこそ世界のトップクラスの現代アート評論家の方々に出展作品一つ一つの評価をしてもらって報道するべきでしょう。

 正直、私ら素人には「あれ、ほんとにレベルの高い現代アートなの?」と思うような作品が毎回散見されるのですが、私ら素人の目がお粗末すぎるのか、実は大したことないものをありがたそうに見せられているのか、そういうのを勉強のためにとても知りたいと思っているわけです。なのに、瀬戸内国際芸術祭の個々の出展作品に対する「プロの方から見た批評、評価、評論」などは、過去の開催も含めて地元のメディアで一度も見たことがない。

 あるいは、「瀬戸内国際芸術祭の開催を通じて、瀬戸内海の島の活性化を図りたい」という目的であれば、第一回開催以降の島の人口の推移とか(たぶん相変わらず減り続けていると思いますが)、島民所得の推移だとか、いろんな分野の生産額の推移だとか、「活性化」なるものの具体的な判断指標はいろいろあるはずなので、それを調べて分析記事にすればいいと思うんだけど、それも見たことがない。

 そういうの、ちゃんとやりましょうよ。プロの芸術を集めてるんだから、「芸術は見た人の感じたままが評価です」などという“きれいごと”では済まないところがあるでしょう。

***

 あるいは、「県民を豊かにする」という行政の責務を検証するのであれば、まず、瀬戸内国際芸術祭への税金投入額を全部調べ上げて公表する、というのが行政のチェック機関としてのマスコミの基本的な仕事でしょう。あれ、県が公開している「瀬戸内国際芸術祭」の名の付いた支出項目以外に、とにかくいろんなところに芸術祭関連の支出が紛れ込んだりしていて、「実際のところは県民には絶対にわからない」と関係者から聞いたことがありますよ。さらに、よく知りませんが、県の予算の中だけでなく、各市町の予算の中にも芸術祭関連の支出があったりするんじゃないですか? そういうのを一回、全部合算してみるのは、どう考えてもジャーナリズムの仕事だと思うのですが。

 さらに言えば、福武財団さんの芸術祭関連支出(ネット上にちゃんと決算が公開されていますよ)もきちんと含めて、福武財団が芸術祭にいったいどれほど貢献しているのかもきちんと評価してあげるべきでしょう。圧倒的多くの県民が「あれは全部県がやっている」と思っているみたいですが、あれ、福武財団が手を引いたら今の瀬戸芸はほぼ吹っ飛んでしまうはずですよ。

 さらにさらに言うなら、3年前に芸術祭実行委員会が四国新聞の見開きを使って「芸術祭の開催によって12年後の瀬戸内海はこうなっている」という夢のようなビジョンを細かく書いて掲載していたけど、それらが3年経って一つ一つどうなっているかを検証するのも、地元ジャーナリズムの仕事だと思いますが。

 とにかく、芸術祭報道のアプローチはいくらでもあるはずなのに、地元の新聞もテレビも「タウン情報」みたいな紹介記事と「提灯記事」ばかり流して「ジャーナリズム記事」はほとんど工夫もないし、切れ味鋭い視点も全然ない。タウン誌レベルの私らには及びもつかない優秀なジャーナリストが揃っているはずなんだから、ほんと、期待していますよ。議員に期待できない現状では、地元マスコミが地域を発展に導く一大勢力なんですから…という話を、誰とは言わんけどある私の知人に成り代わって書いておきます(笑)。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.