麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
10月6日更新
東京麺通団
3月31日更新
東京麺通団 茅場町食堂
2月2日更新
麺通団の仲間たち
茅場町食堂に勝谷誠彦おすすめの日本酒登場!
茅場町食堂では、勝谷誠彦おすすめの日本酒として7つの蔵から15銘柄の日本酒をご用意しました。
皆様おなじみの香川の銘酒悦凱陣はもとより、獺祭(だっさい)の磨き二割三分而今(じこん)など、普段お店でもなかなかお目にかかれない日本酒も特別にご用意しています。
この機会にぜひ茅場町食堂で酒、うどん、めしをお楽しみください。

獺祭 磨き二割三分 ・・・・・・ 1200円
獺祭 磨き三割九分 ・・・・・・ 800円
獺祭 純米大吟醸45 ・・・・・・ 700円
獺祭 純米大吟醸50 ・・・・・・ 600円
而今 純米吟醸 雄町生 ・・・・・・ 700円
而今 純米吟醸 八反錦火入れ ・・・・・・ 600円
而今 特別純米 9合火入れ ・・・・・・ 600円
悦凱陣 純米オオセト60% 無濾過生 ・・・・・・ 700円
悦凱陣 純米吟醸無濾過生KU16 ・・・・・・ 700円
悦凱陣 阿洲山田錦 ・・・・・・ 700円
南部美人 ・・・・・・ 600円
成政 ・・・・・・ 600円
竹鶴にごり ・・・・・・ 600円
竹鶴 純米 ・・・・・・ 600円
七賢 ビロードの酒 純米吟醸 ・・・・・・ 600円
※ご来店時売り切れの際はご容赦ください。
茅場町食堂では、宴会予約受け付けています。貸切予約もOK!
茅場町食堂では宴会予約受付中茅場町食堂では、ただいま宴会予約を受け付けています。
・うどんすきコース
・オードブルコース
・名物骨付き鳥コース
1人1,500円〜
※すべてうどん食べ放題がつきます
※プラス2,000円で飲み放題(3時間)

その他プランも承りますので、お気軽に店舗までお問い合わせください。(TEL:03-6280-3619)
貸切宴会も受け付けています。少人数でも可能ですのでぜひご相談ください。
この秋、東京麺通団の揚げ物がどどーんとボリュームアップ!!!
東京麺通団では、この秋大人気のオプション類をどどーんとボリュームアップしました。しかもお値段据え置きです。
ボリュームのある食事が欲しかった方!ガッツリ食べてもお得な価格のこの一品!食欲の秋におなかいっぱいになってください。

Bigチキンカツ○「Bigチキンカツ」(100円
手のひらサイズのビッグなチキンカツです。先行販売した店舗ではすでに大人気メニューとなっています。東京麺通団でもぜひどうぞ!


ちくわのまるまる1本揚げ ○「ちくわのまるまる1本揚げ」(100円
讃岐うどんの定番オプション。東京麺通団では縦半分切りで提供していましたが、これをまるまる1本揚げに変更しました。でもお値段そのまま100円。お得なこの品もぜひどうぞ。

さらに大きく「かしわ天」 ○「かしわ天」(100円
以前から人気のかしわ天。更に大きく約2倍のボリュームにしました。これでお値段据え置きなんて店側も驚き(笑)です。
茅場町食堂でお得なサービススタート!夜17時からの定食メニューに一口ビールついてきます!
夜の定食には一口ビールがついてきます今、茅場町食堂では、夜17時からの定食メニュー一口ビールが無料でついてきます
お仕事が終わったら、茅場町食堂の定食とビールで一日の疲れを癒して、元気にお帰りください!
昼限定、「うどん定食」始めました!
うどん定食東京麺通団では、昼限定(12:00〜14:00)で「うどん定食」を始めました。うどんご飯おかず700円
おなかいっぱいになるこのボリューム!ぜひご注文ください。
※うどんはかけうどん(温、冷)です。
※おかずは日替わりで変わります。店頭の黒板をご覧ください。
※お持ち帰りはできません。
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!

※下記のサービスは終了しております
・月曜日・・・レディースデー
・火曜日・・・生卵1個サービス
・水曜日・・男性だけ1玉増量無料
・平日・・・・学生割引

過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
毎週水曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2015年3月29日(日)

 あかんあかん、全く私のキャラにふさわしくない“ウンコネタ”を早く沈めないといけないのに、ものすごい仕事の嵐に見舞われていてどうにもならん。とりあえず、現状報告だけで半分だけ沈めておく。


2015年3月22日(日)

 もう朝の6時だけど、編集者時間では朝8時までは「今日中」なので別に問題はない。ま、誰もそんなことを問題にはしていないですね。

 今日は超久しぶりに石川が17位という上位で最終日を迎えたので、朝2時半頃起きてパソコンを開けて、リーダーボード画面を横に置いて仕事をしていたのだが、前日からのイヤな予感通り、しぼんじゃいました。リーダーボードを見た時点で、前半を1オーバーで終わって30位台に後退していました。「やっぱりなあ…」と思っていたら、後半に入って10番、11番の連続バーディーで15位に上がり、あと3つぐらい伸ばせそうなホールがあるので「これはうまくいけばトップ10も…」と一瞬淡い期待をしたけれど、12、13番の連続バーディーチャンスを逃したところで止まっちゃいました。あとは糸が切れて、そこから4つスコアを落として終了。

 ま、いいか。また次、できたらワクワクさせてくれればよし。数年うちにはきっとワンステージかツーステージくらい上に上がれると思って、気長に応援するわ。45年来の阪神ファンだから、その辺はもう、少々の失望には耐えられる私だし(泣)。

 さて、米朝さんの思い出がまだまだあちこちのメディアでたくさん紹介されていますが、私もこれまた40年以上前、中学時代からの米朝ファンでして、当時は分厚い落語全集の本を買って、高校の文化祭ではステージで落語をやったことまであるという落語ファンでもあります。

 当時、私の好きだった落語家は、東西総合ランキングでダントツ1位が桂米朝。あと、西では笑福亭松鶴さん(鶴瓶の師匠)と、同じく笑福亭松之助(明石家さんまの師匠。なぜかこっちは呼び捨てだけど、知ってる人は感じわかりますよね・笑)。東は、まだ若くておしゃれだった頃の三遊亭円楽さんと、春風亭柳昇さんです。「松之助、柳昇」と並ぶあたりに、知っている人には私の変な好みが読み取れると思います(笑)。

 米朝さんの落語はメチャメチャたくさん聞いているのですが、何か1つ2つ、と言われれば、これも変なものしか思い出さない。例えば…

<その1>
 落語では、「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」という演目の中の小ネタの一つ。内容はうろ覚えだけど、死んであの世へ行った人が「あの世の寄席」に行くと、出演者の札に亡くなった名人の落語家の名前がズラズラと並んでいて、「豪華なメンバーやなあ!」と思って見ていたら一番最後の札に「桂米朝 近日来演」と掲げられてあった…というネタが忘れられません。

<その2>
 こっちは落語ではありませんが、かなり強烈な思い出。私が大学時代だから昭和50年頃、大阪ローカルのテレビで、キダタローと中村鋭一がやっていた深夜のむちゃくちゃな(笑)トーク番組がありました。その何回目かに米朝さんがゲストで呼ばれて出ていたのを見たのですが、それが、あの番組のむちゃくちゃさを象徴するような回でして。

 これもえらい昔の話でうろ覚えなので少々覚え違いがあるかもしれませんが、とりあえず、食事前に読むのはやめてください(笑)。

 確か、その日の番組テーマは「ウンコ」でした(だから食事前に読むのはやめてください)。出演のキダタローと中村鋭一と米朝さんがテーブルを前に3人並んで座っていたのですが、3人にイス代わりに用意されていたのは洋式便器(!)。みんな便器に座って番組が始まったのです。

 そこから、米朝さんの「ウンコ話」が始まりました。

 1つ目。落語家仲間が大人数で温泉旅館に行った時の話。数人の落語家が共謀して、旅館の仲居さんたちを驚かそうと企んでいたそうです。で、事前に用意して持って行った「ウンコ」のオモチャ、それもすごくリアルに造られたゴム製か何かのウンコを、旅館の廊下にポイと置いておいた。そしてみんなで部屋に隠れて聞き耳を立てていたら、しばらくして廊下から「ギャッ!」と言う仲居さんの叫び声が聞こえてきて、それを聞いてみんなで喜んでいたという、まあバカな遊びをやったそうです。

 それを2〜3回やったら、旅館の人にも誰の仕業かすっかりバレてしまった。しかし、それでもやめないのが落語家。もう一回、廊下にポイと置いて部屋で隠れていたら、そこへ通りかかった仲居さんがそれを見て、部屋で隠れている落語家たちにわざと聞こえるように「ほんまにしょうもないことしはりますなあ。落語家ともあろう人が、同じことを何べんもやったら洒落になりまへんで」言うてひょいとそれを掴んだら、今度はほんまもんやったと…。

 2つ目。その昔、ある日の朝、京都の四条大通りの真ん中に、とても人のものとは思えない巨大なウンコがとぐろを巻いてドンと置かれているのが発見されて、街が大騒ぎになったことがあったそうです。「一体これはどんな化け物がしたウンコや!」というわけで、あたりは黒山の人だかりになった。その巨大ウンコはしばらくして通報を受けた清掃車が来て始末したそうですが、調査の結果、「京大生が夜中に10人分のウンコを集めて大きな太い竹の筒に詰めて押し出した」というバカな真相が判明したそうです。

 以上の2つのありがたい話を米朝さんがされました(笑)。

 しかし、あの番組のむちゃくちゃさはこんなものではありませんでした。米朝さんの話が終わったあと、スタジオでキダタローが「米朝さん、何か飲みはります?」と言いました。米朝さんが「ほな頂きまひょか」と言うと、キダタローが「ビールがおまんねん」言うて、自分の座っていた洋式便器のふたを開けて中からビールを取り出した。ところが、何とそのビールは「溲瓶(しびん)」に入っていまして(スタジオ爆笑)。それを米朝さんに用意されたグラスに注いでいったら、米朝さん、「ビールとわかっていても、飲めんもんですなあ」。

 続いて今度は中村鋭一が「おつまみなんかどうです?」と言って、また自分の座っていた便器のふたを開けて、中からすごいもんを取り出した。それは、いろんな種類の味噌で作っためちゃめちゃリアルなウンコ(笑)。

米朝「何ですかそれは!」
中村「味噌ですわ。これでもなめながらビールを一杯」
米朝(味噌で作ったウンコをしげしげと眺めながら)「しかしまあ、ようできてますなあ。固そうなのもあれば、軟便みたいなのもおますなあ。健康状態がようわかりますわ」(スタジオ爆笑)

 とか言いながら、米朝さんがものすごく恐る恐る、指でちょいと取ってなめて、

米朝「味噌ですな」(スタジオ爆笑)

 と言ったあと、ハタと気づいた米朝さんが「ということは、これ、私の便器にも何か入っとるわけですな」と言って立ち上がった。すると、キダタローと中村鋭一があわてて止めにかかりました。

キダ・中村「あきまへんあきまへん! それ開けたらあきまへん!」
米朝「何でや」
キダ「そこ、ほんまもんが入ってますねん」

 言うて番組が終わりました。ちなみにあの番組、余りに無茶苦茶すぎて番組自体もすぐ終わったような気がします(笑)。ネットで調べても、全然出てこないんですけど、あれは幻だったのでしょうか…。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.