麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


学割

骨付き鶏

お品書き

お品書き

納豆

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉釜玉

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!

※下記のサービスは終了しております
・月曜日・・・レディースデー
・火曜日・・・生卵1個サービス
・水曜日・・男性だけ1玉増量無料
・平日・・・・学生割引

過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
2月28日(日)をもちまして閉店させていただくことになりました。長い間ご愛顧いただきどうもありがとうございました。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2016年6月25日(土)

 世間の多くの会社が休みの土曜日であるが、今日は大学で11時頃からオープンキャンパスがあって、私もやってきた高校生の質問等に対応しないといけないので、出勤である。私の担当する「情報加工学メジャー」のブース(といっても会議テーブル1コだけだけど)は、ボーッとした高校生には難しそうに見えるので滅多に質問に来ないのだが、時々、チャレンジャーみたいな高校生とか、わけもわからず立ち寄ってしまってアリジゴクの穴に落ちてしまう(笑)高校生とか、「うどラヂ聞いてます」とかいうお母さんとかがやってくるので油断はできない。

 というわけで、今日はまあゆっくり大学に行ったらいいという日だったので、思い切って朝から「上戸」に突撃することにした。

 改めて位置関係を説明すると、私の家から善通寺の四国学院大学まで直線距離で西へ25kmぐらい、そこから上戸へはさらに西へ20kmぐらい。つまり、家を出て善通寺を通り過ぎてその倍ぐらい向こうへ行って、上戸でうどん食ってまた善通寺へ引き返してくるという、昼飯に蒜山のやす坊に行くぐらいの気力がないとできないような行程である。でも、滅多にないチャンスだし、上戸へはもう1年以上行ってないので(前回行ったのは去年の3月)、ネット上の上戸のツイッターで今日は営業していることを確認し(笑)、朝8時頃家を出て、9時前に上戸に到着した。

 入り口の前に行くと、半分開いた戸の間からいきなり女将さんがこっちを見つけて「あらー!」とか言って手を振った。私は恐る恐る入って行って、1年ぶりの照れ隠しに、まるで常連客のようにしゃべり始めました(笑)。

田尾「今、僕の後ろから大阪ナンバーの5〜6人のグループが入ってきたから、あのグループより先に店に入らんと玉切れになったらいかんと思って走って来たわ」
女将「なんよんな。こんだけ席空いとるがな。てか、まだ朝の9時前やし」
田尾「というか、奥さん何でこんな早よから店に出とん? 大将がいつも『朝起きて念入りに化粧せないかんから11時頃にならんと出てこん』言うとったやん」
女将「今日は早よ化粧できたんよ」
大将「ごめんな田尾さん、嫁がおらん時間を狙て来たんやろに」
女将「なんよんな。朝から私に会うたら元気になるやん。な?」
田尾「いやほんま、今日はめちゃめちゃ働けそうな気がするわ」

 などと言っていたら、先に食べ終わったお客さんが一人、私に「一緒に写真撮ってくれませんか?」と言ってきた。

女将「え? 私違うん?」
田尾「僕にって言いよるやん」
女将「ええわ、後ろで亡霊みたいに写っといたろ」

 あのお客さん、自撮りモードで私と並んだ後ろに女将さんが亡霊のように入っているという、お宝写真を撮って帰りました(笑)。

 上戸の麺、去年来た時より明らかにキレが増していました。大将の体調がええんかな。「伸びがない系でエッジが崩れずに表面から芯まできれいに茹で上がっている」という麺は、かつての「あたりや(中麺)」が神の領域。次いで「上戸(太麺)」と「宮川(中細麺)」。ここに第三世代から「海侍(中太麺)」、「三好(太麺)」あたりが入ってくる、というのが私的な印象です(三好は何年か行ってないので最新情報ではないけど)。

 讃岐うどん巡りブームが起こって以降、「柔らかくて伸びがある」麺が主流を占めている感がある中で、こういうバリエーションを若手(宮川の大将を除く・笑)がしっかり引き継いでいるというのが、何か、いいですねえ。上戸、行ったら修業なのか手伝いなのか身内なのか知らないけど初めて見る兄さんが一人入っていましたが、ぜひ、讃岐うどん界全体における上戸の麺の何たるかを、その技術だけでなくて存在意義と魂から習得していただけることを願っています。


2016年6月23日(木)

 いやあー、蒸し暑いねえ(どの口が言いよんや)。ここ数日、ようやく人並みに湿気を感じるようになってきたみたいで(笑)、「歳とると筋肉痛が数日後に表面化してくる」みたいな話ではないと思うけど、おかげで不快指数も少々アップしてきて、いいのやら悪いのやら、である。「いいのか、悪いのか」と言われると、「いいところも悪いところもある」と答えざるを得ない。大体、「これは丸ごと全部、絶対いい」とか「これは丸ごと全部、絶対悪い」などというものはないと思うからである。

 「8割ぐらいいいと思うけど、2割ぐらいは悪いところもある」とか、「9割ぐらい悪いと思うけど、1割ぐらいはいいところもある」とか、それが7:3だとか6:4だとか。5:5というのは「注目にも値しない、どうでもいいもの」になってしまうが、たいてい「10:0」というものはない、そんなものにはお目にかかったことがない、というのが私の経験則である。というか、たぶん、何につけてもそれが現実だと思うので。

 だから、「安倍政治は絶対に許さない!」と主張している人は、「安倍政治は10:0で悪い」と言っているように聞こえるので、基本的に「現実で物事を考えていない人」だと思っているのである。よし、うまいこと社会派ネタになだれ込んだぞ(笑)。

 同様に「民進党は絶対認めない」と言うのも、どうも気持ちが悪い。どちらも、「レッテルを貼って、あとは思考停止。何をやっても認めない」という話だから、ある種「差別主義者」に通じるものすらあると思うのである。以下、事例や例えを挙げてロジックを展開する時間がないので、“見出し”だけで次に行く。

***

 今度の選挙について、「アベノミクスが問われている」というのも、冷静に考えるとおかしな話だと私は思っている。

 アベノミクスにしろ何にしろ、為政者が常にその政策の成果を問われるのは当たり前であるが、原則論から言えば、国政選挙というものは「Aの政党(や候補者)の掲げる政策」と「Bの政党(や候補者)の掲げる政策」と「Cの政党(や候補者)の掲げる政策」等々のどれがよりいいか? が問われるのである。

 「アベノミクスが問われている」というのは、「Aの政党(や候補者)の掲げる政策」だけが問われているという話になる。しかし、「Aの政党(や候補者)の掲げる政策」だけが問われるのなら、それは国政選挙ではなくて、ただの「現政権の信任投票」である。すると、信任投票なら「問われる政党以外の立候補者」なんか、いらないじゃないですか。それは「国政選挙」じゃないでしょう。

 国政選挙で「アベノミクス」を争点にして他の政党が立候補するのなら、有権者に対して、民主党は「我々はこういう理由でこういう経済政策を掲げる。その実行計画書はこういうものだ。その結果、アベノミクスを上回るこういう成果が期待できる」という「オカダミクス」、つまり、上記の「Bの政党(や候補者)の掲げる政策」を出さないと、立候補の選択肢にならない(立候補の資格がない)でしょう。

 同様に、公明党は「ヤマグチミクス」、共産党は「シイミクス」を出さないといけないし、社民党は「ヨシダミクス」、生活の党は「オザワミクス」、新党改革は「アライミクス」を出さないといけない。スローガンやコンセプトの「見出し」だけ連呼するのではなく、「実行計画書」の付いた「ミクス」を出さないと、それは「候補者」ではなくて、ただの「文句を言っている有権者」だと言わざるを得ない。

 でも、こないだうちから新聞やテレビで見聞きする限り、現実的な「実行計画書」に値する発言や資料は相変わらず全く出てこない。しまいに全政党のホームページから綱領まで読んでしまったが(ま、綱領は実行計画を書くものではないから仕方がないが)、やっぱり「実行計画書」として成立している資料はどこにもない。実行計画書の付いていない政策など、実行できるかどうかもわからないし、実際政権を獲ったら実行するのかどうかもわからないし、実行したらどうなるのかもわからないのだから、私にしてみればほとんど「ガベージ」同然なのである。

 ちなみに、自民党の「実行計画書」も新聞やテレビや党のホームページではほとんどわからないが(まあ、他の党よりは具体性があったが)、自民党の実行計画書は国(政府)のホームページの中に「これまで何をやってきたか、今年度以降、何をやろうとしているか」が細部にわたるまで書かれているので、それを見れば圧倒的に詳しくわかる。

 でも、繰り返すけど、他の政党には有権者に選択肢として提示されるべき「実行計画書」がない(見当たらない)のである。民進党には「民主党時代の実行計画書」があるが、あれはそれこそ「9:1」で失敗したものだから、最低限、アベノミクスより成果が上がると思われるような計画書に修正されてないといけないのだが、それが何もない。

***

 以下、事例や例えを挙げてロジックを展開する時間がないので“見出し”だけで終わるが、選挙の時の野党って、ずーっとそんなんである。しかも、そういう「有権者に実行計画書を伴った選択肢も与えず、ヤジとアジテーションだけで立候補する」という傾向は、近年どんどん強まっているとしか思えない。

 選挙は、候補者(政党)が実行計画書を掲げ、有権者に「この政党に政権を委ねるとこういうふうになるのではないか?」というより具体的な推測ができるような「政策の選択肢」を提示する、という形に向かうべきだと思う。で、有権者も実行計画書のないヤジやアジテーションに流されないように学習すべきだと思う。

 そして、マスコミは「『政策』が国や地域の基本的枠組みを作るのだから、きちんと実行計画書の付いた『政策』を戦わせる選挙に向かうべきだ」という原理原則を、きちんと国民に訴えてもらいたいと思っているのである。今朝の四国新聞の一面トップの大見出しは、「アベノミクス問う」である。そうじゃない、「アベノミクス」と「オカダミクス」と「ヤマグチミクス」と「シイミクス」……等々のどれがいいかを問うのである。で、実行計画書の付いた「オカダミクス」と「ヤマグチミクス」と「シイミクス」……等々が出てこないことを指摘してくれないと、我々はまた「情緒」で投票することになってしまうのである。

 などという言葉足らずの日記につき、「誤読」されることを覚悟の上で今日はおしまい。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.