麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ステーキ

角ハイボール100円

忘新年会2016

麺通団アプリ

肉釜玉

肉そぼろ釜玉

生ハム

骨付き鶏

お品書き

お品書き

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
2月28日(日)をもちまして閉店させていただくことになりました。長い間ご愛顧いただきどうもありがとうございました。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2017年3月22日(水)

 あんなに早く進んでいた『インタレスト』23号(6月1日発行)の制作作業が、ビタッと止まってもう3月22日である。

 毎年6月1日号は、4月20日〜5月10日頃にデザイン発注するのであるが、今回は谷編集長以下の「かしまし娘」首脳陣がものすごく頑張ってデータ物特集2本の情報収集がどんどん進み、「3月中旬に松本君に8ページぐらい発注して度肝を抜いてやろう」という勢いで3月に入ったのである。ところが、既報の通り「特集1本分ぐらいページが余る」という大惨事が発覚して以来、慌てて新規特集に走り始めて、データ物特集2本の編集作業がビタッと止まってもう3月22日になってしまったのである。

 しかも、慌てて走り始めた第3特集が、少々見切り発車であるために、どうも「切り口と見せ方」がピシッと決まらないまま走っているというフラつき状態。そこで仕方なく、今日は御大自ら、2年の馬渕と瀬野を連れて野外取材に出かけることになったのだが、取材途中で謎の光景に出くわしてしまった。

***

 午前中に塩江の内場ダムに行き、午後12時半に高松空港の滑走路の端の、知る人ぞ知る「真上に飛行機が着陸してくる超穴場スポット」に行った。何の特集か想像できない組み合わせでしょう。私もまだ、最終的にどうまとまるのか、完成予想図が見えてない(笑)。

 で、その穴場スポットで13:00到着予定の飛行機の着陸寸前の、機長がおにぎりを食べているのもわかるくらいの接近写真を撮り、次いで13:25到着予定のやつの写真も撮って、「じゃあ、離陸写真も撮ろう」ということになったのである。着陸寸前写真が撮れる穴場スポットは滑走路の東端にあるのだが、離陸は西に飛ぶので(たまに風向きが変わると離着陸が東西逆になるが、たいてい西風が吹いているので大半の離着陸はそうなっている)、ここにいては離陸写真は撮れない。しかし、滑走路の反対側の西端には撮影場所がないので、我々3人は滑走路の西の延長線上にある小高い山の上にある「高山航空公園」に向かったのである。

 次の離陸時間は15:45である。そこで、我々は周辺取材等で時間を潰して、15:30頃に高山航空公園の展望場所に行った。この展望場所は高松空港から直線距離にして4kmくらい離れているのだが、空港全体がきれいに見下ろせて、滑走路もくっきりはっきり見える。しかも滑走路のほぼ延長線上にあるから、離陸した飛行機が真っ直ぐこっちに向かってきて頭上を通過していくという、高山航空公園の一番の見せ場スポットである。

 カメラを準備して待っていると、ちょっと遅れているのか、16:00前になってようやく飛行機が動き始めた。まず、ゲートからバックし始める。ここから見る空港は、向こうに一直線に伸びる滑走路があり、その左に平行して向こうに一直線に伸びるちょっと細めの誘導路があり、その左に空港の建物がある。その建物に先端をくっつけて止まっている飛行機が、ゲートを離れてじわじわと誘導路に向かってバックして、誘導路に入るとケツをこっちに向けて方向転換し、誘導路を向こう向きに進み始める。その後、飛行機は誘導路の向こうの突き当たりを右折して止まった。そこから合図を待って滑走路の向こうの端からこっち向きに入ってきて、こっちに向かってゴーッて離陸してくるわけだ。

田尾 そろそろ来るぞ。
馬渕 大丈夫です。連写の準備もできてます。
田尾 望遠にせんかったらよう見えんけど、望遠にしたらここの上空に来る頃にフレームから外れる恐れがあるからな。
馬渕 難しいですね。
田尾 まあ、うまいこといかなんだら次の16:10発で撮り直したらええ。そうやっての、細かいことも常にリスクヘッジを考えておく習慣を付けとくんぞ。
馬渕 了解しました。

 などと言いながら1分…2分…3分…

瀬野 何か、横向きに止まったままで全然動く気配がないですよ。
田尾 ほんまやの。
馬渕 なんかトラブルでもあったんですかね?
田尾 中で「今日、ほんまに飛ぶんか?」とか言いよんちゃうか?
馬渕 機長と副操縦士が譲り合ってたりして。
田尾 「どや、今日は天気もええからお前が飛ばしてみるか」「いえ、ここはやっぱり機長が…」とかやってるんか。

 などと「ない話」を展開していると、あ! 滑走路の先の誘導灯の上空にまばゆい光が見えた!

田尾 あれ見てみ! 一機、着陸して来よるぞ!
瀬野 え?!
田尾 ほら、あの光、飛行機やんか。
馬渕 ほんとですね! だんだん低くなって、あ、もうすぐ着陸しますよ。
田尾 なるほど、あれを待ってたんか。

***

 というわけで、離陸前の飛行機が滑走路手前でしばらく動かなかった理由がわかった我々は、今来た飛行機が着陸するのを遠くから見ながら待っていた。ところがその時、謎の事件が起こったのである。

 着陸態勢に入ったその飛行機が、まさに滑走路にランディングしようかと思った瞬間、ゴオーーーッ! という轟音を上げてタッチアンドゴー!(タッチしたかどうかわからんが) そのまま急上昇し、我々の目前の上空で右旋回(こっちから見て左旋回)して、雲の彼方に飛び去った! 再着陸を試みるのならあんなに遠く高く飛んでいくはずがないのに、まるでハワイに向かったかのように雲の彼方にまで飛び去ってしまったのである。

 ヤツはそのまま、我々が高山航空公園を去るまで30分以上経っても帰ってきませんでした。

田尾 何や、さっきの。
瀬野 とうとう帰ってきませんでしたね。
田尾 まず考えられるのは、下りる駅を間違った。
馬渕 何ですかそれ。
田尾 松山空港で下りるつもりが、うっかり高松に下りかけて、着陸直前で「あれ? あ、あかんあかん! まだ高松や!」いうて慌てて浮上した。
馬渕 それはないですね(笑)。
田尾 そうか。じゃあ、次に考えられるのは、どこかへ向かってた便が上空で故障が発生して高松空港に緊急着陸しようとしたら、着陸寸前に「あ、故障が直った!」いうて飛んでいった。
瀬野 あそこまで下りてたら、直ってもとりあえず下りますよ(笑)。
田尾 わかった。じゃあ、あの飛行機は定期便ではなくて、「高松空港タッチアンドゴー体験ツアー」の飛行機だった。
馬渕 なるほど! ツアーのアトラクションだったんですね!
田尾 自分で言うてて絶対違うわ。

 という謎の場面を目撃しました。あれ、何だったんでしょう。3月22日16時頃の高松空港での出来事です。その後、何事もなかったように定期便の2機が離陸していきましたけど、たぶんあのタッチアンドゴー(タッチしたかどうかわからんが)はニュースにもなってない。でも、確かに我々3人は、その謎の一部始終を目撃したのです。まあ、あんまり言い続けるとメキシコでUFOを見たと言い張るおっさん扱いされたらいかんのでこれぐらいにしときますけど。

***

馬渕 先輩から「田尾先生と取材に行くと必ず何かが起こる」って聞いてたんですけど、ほんとに何かが起こりますね。
田尾 まあ、「何かを持っとる」とは言われることがあるな(笑)

 などという話をしながら、16:10発の飛行機の離陸写真も押さえて、我々は四国学院大学に向かって帰路についた。車で山を下り、山越のそばを通り、旧宮武うどんの横を通って国道に突き当たる手前で、赤いランプの点滅が見えた。

田尾 何や? 事故か?
馬渕 パトカーとか、すごくいっぱいいますよ!
瀬野 大事故ですかね。

 近づいていくと、目の前の交差点でおまわりさんが通行車を誘導している。周辺は軽い渋滞だ。そのすぐ先の踏切の周りに10台近くのパトカーが集結して、若い警官が走っているのも見える。

田尾 さっきの飛行機か?
馬渕 違うと思います。

 あとで聞くと、16時48分頃、まさにそこの踏切で列車と乗用車の衝突事故があり、25本が運休して、3時間に渡ってダイヤが乱れたそうだ。

瀬野 田尾先生、絶対何か持ってますよ。

 事故だから瀬野のセリフに(笑)もつけられんが…


2017年3月18日(土)

 今週は忙しい仕事の合間を縫って、今やマニアすらも見放していると思われるようなうどん店に行って小ネタをいくつも拾ってきたのだが、ここで明かすと『うどラヂ』の収録時にテンションが下がるので黙っとこう(笑)。

 もう550回を迎えようというFM香川『続・麺通団のうどラヂ』は、私とごんとH谷川君と見習いの谷本ねえさんの4人でやっているのだが、収録は毎回、台本も打ち合わせもないどころか、全員がこうやって自分の持ちネタをひた隠しにしたまま本番で突然出す、という「緊張感あふれる録音」でお送りしているのである…というネタすらも、ここで書いたら次の収録で「こないだの日記、どこの店ですか?」とか言われて、私が「マニアも見放しているようなうどん店に行った」という情報がバレてしまうので本当は書きたくないんだけど(笑)。

 さて、最近個人的に日記沙汰になるような大ネタがないので、また新聞から一ネタです。

 今朝の新聞の一面に大きく、原発事故の裁判のニュースが出ていました。今回は産経新聞の記事を引きますと、

(見出し)
原発事故 国・東電に責任
「津波 予見できた」
避難者訴訟 初の賠償命令
前橋地裁判決

(リード)
 東京電力福島第一原発事故の影響で福島県から群馬県に避難した45世帯137人が国と東電に計約15億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、前橋地裁であり、原道子裁判長は「巨大津波の到来は予見可能で、対策をすれば事故は回避できた」として、国と東電の責任を認め、計3855万円の賠償を命じた。

(本文)
長いので略。

***

 で、「この判決が全国で行われている28の同種集団訴訟の判断に影響を与えることは必至だ」という内容の解説記事が延々と載っていたのだが、私が注目したのは今後の裁判の行方ではない。判決文に「非常用電源の高所設置などの対策をとれば事故は発生しなかった」と明記されていることである。

 以前、この日記で私は、イデオロギー抜きにシンプルに考えて、

(1)福島の原発事故は、水素爆発が起きたから過酷事故になった。
(2)水素爆発は、電源が水に浸かって停止し、そのせいで冷却水が回らなくなったために起こった。
(3)すると、電源さえ確保できていれば、100年に1回の東北大震災級の自身が来ようが大津波を被ろうが水素爆発は起こらなかったという話になる。
(4)もしそうなら、他の原発も全て「東北大震災級の天変地異が起きても電源は確保できるかどうか」という1点が最大の関心事となるのに、マスコミはそれを一切報道せず、規制委員会の細かい審査の話ばかりしているとはどういうことか。

という話を書いたが、まだ地裁段階とは言え、たぶん今回初めて、公式に「電源を確保さえすればあの事故は起こらなかった」という判断が出たのである。まあ、イデオロギー抜きにロジカルに考えれば、当然そういう話になるでしょう。

 すると、この判決は「責任の所在」については国と東電に不利な判決であり、まあ水素爆発はたぶんに人災の側面があるから国と東電の責任は免れないと思うけど、もう一点、「原発の安全対策」については、「電源確保の対策さえきちんと行えば、地震や津波で水素爆発は起こらない」という判決だから、「地震大国日本ではいつでも原発で水素爆発が起こる危険性がある。だから何が何でも原発は廃止すべきだ」という人にとっても不利な判決になっている。なぜなら、この内容の判決が最終確定すれば、原発反対派は「地震や津波以外で水素爆発が起こる可能性」を感情でなくてロジカルに説明しなければならなくなるからである。

 さあ、ここからどうなっていくのかな? 特に、判決文の「非常用電源の高所設置などの対策をとれば事故は発生しなかった」という部分が、今後上級裁判所に行ったとしたらどうなっていくのかに私は注目である。そのままなら、上記のように原発反対派は非常に困難なロジカルな根拠を見つけないといけなくなるし、逆にどこかでひっくり返って「非常用電源の高所設置などの対策をとっても事故は防げなかった」となると、人災ではなく不可避の自然災害が主原因であるということになるから、国と東電の責任はほとんど追求できなくなってしまうぞ。原発反対派にとって見ればどっちになっても悩ましいことになるが、まさかそれに気付いてないなんてことはないでしょうね。

***

 ちなみに、もうほとんどの人が忘れてしまって話題にも上らないが、日本に原発がどんどん増えていた頃、原発で事故を想定した訓練をしようとすると、反対派の団体やマスコミが「事故を想定した訓練をするということは、やっぱり危険なんじゃないか!」と騒いで原発の安全対策を妨害していたのである。

 私はタウン誌をやっていた頃(1980年代〜1990年代)、反原発団体の方々から直接そういう主張を何度か聞いたことがある。社会派でも何でもなく、ビジネスとオバカ企画を考えるのに一杯一杯だった当時の私がなぜそういう団体の方とお話をしたのかというと、オバカ企画のバケモノに成長していた『笑いの文化人講座』に読者からの回文投稿で、

「伊方が洩れたら誰もが他界」(イカタガモレタラタレモガタカイ)

という作品が来て、「おー、うまいことできとる」と思って掲載したら、それを見た反原発団体の方から「活動のキャッチフレーズにぜひ使わせてほしい」というオファーが来たからである(「伊方」は四国電力の伊方原子力発電所のことね)。

 ま、そんな私の体験だけでなく、当時の新聞をくまなくサルベージしたら、「事故を想定した訓練をするとは何事か」みたいな記事や論説は必ず見つかると思います。それで、原発側は事故対策の研究も訓練も大っぴらにできなくなり、仕方なく「原発は安全です」というアナウンスを出さざるを得なくなり(ああいう巨大プラントが100%安全なわけがないやん)、悪名高い「安全神話」なるものが次第に形成されていった…と私は認識している。

 すると、先の福島原発の水素爆発事故は、当時の反対派のマスコミや団体にも「安全対策を妨害した」という責任があるんじゃないですか? 当時、もし彼らが「原発は未来の夢のエネルギーであるが、大きな危険性を伴っているので、ありとあらゆる事故の可能性を研究し、非常事態を想定した訓練を徹底的に行うべきだ」と主張していれば、原発は海際にある施設なんだから、それこそ今回の判決分にあるように「巨大津波の到来は予見可能」になって、電源が水を被らないように高台に設置するくらいのことは絶対にやっていたはずですよ。

***

 しかし、そういう人たちの責任はなぜか問われないのである。「北朝鮮は地上の楽園だ」と煽って北朝鮮への帰国事業に加担し、大量の“北朝鮮日本人妻”を生み出した朝日新聞をはじめとする日本の新聞社も、彼ら、彼女らに対する責任はとらないし、「軍事的研究は行わない」という声明を出した日本学術会議の大学教授をはじめとする面々も、もしどこかで日本が軍事的被害に遭ってもたぶん責任はとらないのである。

 考えれば考えるほどやりきれんなあ。けど、私はたぶん何もできないまま死んでいくから、とりあえず意見だけ残しとく。合理主義というのはとかく非難されるが、感情を排除した理屈というのは、正しいことの方が多いと思うぞ。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.