麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


お年玉

ステーキ

角ハイボール100円

忘新年会2016

麺通団アプリ

肉釜玉

肉そぼろ釜玉

生ハム

骨付き鶏

お品書き

お品書き

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
2月28日(日)をもちまして閉店させていただくことになりました。長い間ご愛顧いただきどうもありがとうございました。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2017年1月18日(水)


 まだダメだ。日記に手をつける余裕がない。


2017年1月9日(月)

 昨日の晩、「明日の仕事の準備」を万全に整えていたら、家内から「明日は3連休の最終日である」ということを告げられた。ダメですね、成人の日が15日だと思っているようでは時代に全くついて行けてない。というか、「第二月曜」とか「第二、第四月曜」とかいうやつが基本的に覚えられないから、まだ年に一回ぐらい、第何月曜の定休日にがもうに行って、駐車場で途方に暮れている県外客(君らもや)を横目に「俺、がもうじゃなくて全然違うところに行くためにここを通ってるんだもんねオーラ」を出しながら店の前を通過しないといけない羽目になるのよね(笑)。

 あと、平成の大合併(香川県は2002年の「さぬき市」に始まって2006年の「まんのう町、小豆島町、綾川町」で終了)のあとの市町も、2002年の46歳まで「旧市町名」で情報発信ビジネスをやっていた私にはなかなかなじめなくて、今も、

誰か「三豊市にあるんですよ」
田尾「三豊市のどこ? 詫間? 三野? 高瀬? 財田? 豊中?」
誰か「高瀬」
田尾「高瀬か」

となって初めて位置関係が具体的になってくるという有様です。しかしこれ、合併が終わった2006年以降に物心のついた若い子たちは、

誰か「三豊市にあるんですよ」
若者「三豊市のどこ?」
誰か「高瀬」
若者「高瀬ってどこ?」

とかいうふうになるんでしょうね。店名だろうが場所名だろうが事件が起こった時だろうが、合併前までメディアで「詫間町、三野町、高瀬町、財田町、豊中町」と耳にしていたのが(「三豊郡」なんてほとんどアナウンスしなかった)、ほとんど「三豊市」だけしか耳に入って来なくなるんだから。

 それでおそらくそのうち、香川県民が県内の「旧市町名とその位置」をほとんど意識できなくなっていくんでしょうねえ。まあ、私らの世代も廃藩置県の前の地域区分なんか日常の意識からきれいさっぱり消え去ってるし、若い世代はそれなりにうまいことなじんでいくんだろうけど。

 でも、あえておっさんの希望を言わせていただくなら、「根無し草」みたいな国にならないために、祝日の第二月曜日化とか名称変更とか平成の大合併とか、政治家の票集めや役人の金(補助金)目当てとかいう卑しい理由で日本の伝統文化が無理矢理壊されるようなことが、今後これ以上起こらないことを願いますわ(笑)。

***
 
 さて、前回の続報ですが、信頼できるある筋からの報告によると、ま、情報源を明かすわけにはいかないので御堂筋かおでんのスジということにしておくけど(数十年前の月亭八方のネタ)、前回の「正月三が日の人出」のデータ中、栗林公園の三が日の入園者数が2009年から2013年にかけて半分くらいに減っているのは、「2010年まで、栗林公園は嘘八百の数字を出していて、その後、心を改めてちゃんと入場券でカウントした数字を入れるようになったから」だそうです(笑)。でも、「元日は入園無料なので正確にカウントできてないと思う」とのこと。

 それでも、正直な数字を発表するのは当然のこととは言え、いいことだと思います。「正しい数字を元にして初めて、正しい分析ができ、正しい対策が検討できる」というのは学問の常識。元の数字がいい加減なのに、そんな数字を評論しても「雰囲気」しか伝わらないし、そんな数字を分析しても何の意味もないどころか、ミスリードの元になるからです。

 ちなみに、メディアリテラシー(情報の信義を見抜くみたいなこと)として、私は「主催者が言っているだけのもの」と「カウントの仕方がおかしいもの」と「どうやってカウントしたのかわからないもの」は、例えそれがお国の発表数字だろうが信用しないことにしています。

 例えば、「主催者が言っているだけのもの」は、その「正月三が日の人出」とか、「高松まつりの人出数」とか、レフトウイングの方々がよくやっているデモや集会の主催者発表の参加者数とか。

 そういえば、ついこないだ産経新聞のコラムに載っていたけど、文化庁が出している『宗教年鑑』にある各宗派の国内信者数は各宗派からの申告人数をそのまま掲載しているそうですが、全部を合計すると「2億人」になるそうです(笑)。それに対し、「基準もなく申告された数字を並べても統計として成り立っておらず、研究や学術目的では使えない。現在の方法で文化庁が信者数を集計すること自体、あまり意味がない」という主旨のコメントが出ていましたが、「文化庁」のところを「四国新聞」に入れ替えても同じですよ。

 次に、「カウントの仕方がおかしいもの」は、以前から指摘しているダブルカウント、トリプルカウントが入り交じった「瀬戸内国際芸術祭の観客数」とか、公共事業や政治的政策を進めるために役人や御用学者が出した「交通量予測数値」や「地球温暖化の二酸化炭素主犯説」みたいないろんな作為的データとか。

 こういうのはたいてい、行政なら「数を大きく見せて成果が上がっているように見せたい。それで、また同じことを続けるための根拠にしたい」、あるいは「数を多く見せて『これをやると成果が上がる』というように見せて、やろうとしている事業を通すための根拠にしたい」という意図が強くある。つまり、「どういう状況にあるかを分析し、その結果を見てやるかどうかを決める」という正攻法ではなく、「とにかくこれをやりたいから、みんなが『やるべきだ』と思うような都合のいいデータに仕立て上げる」という、本末転倒のカウント方法(時には怪しいパラメーター=補助変数をいっぱい使った捏造データまで作る)を、意図的に使ったりするわけです。

 もちろん、民間でも「数を多く見せて権威を示したい」とか、「数を多く見せてビジネスを有利に運びたい」とかいう例はたくさんあります。新聞の発行部数の発表数字に含まれている「押し紙」なんかは有名ですし(発行部数が多いと媒体価値が上がって、広告営業の大きな武器になる。テレビの視聴率と同じです)、企業決算の数字を低めにいじって法人税の納税額を抑えたり(中小零細企業や商店クラスに多い)、逆に利益を高めにいじって株価や銀行への信用を維持したりとか。

 で、私はこういうのを見抜くために、何かの数字が発表されると必ず「それはどうやってカウントしたのか?」を考えるようにしているわけです。そこで「どうやってカウントしたのかわからないもの」は、基本的に信用しないことにしている。例えば、高松まつりの人出。どうやって数えたかわからんでしょう。実際、ちょっと昔、関係者から「あちゃー」みたいな発表数字の決め方をしていることを聞きましたが(笑)。

 あるいは、琴平の年間観光客数。毎年香川県観光協会から発表されていますが、あれ、365日毎日、あらゆる入り口から何人入ったかなんて数えられんでしょう。さらに言えば、同時に発表されている香川県全体の「観光客入り込み数」も、空港と港と高速道路の通過者数は調べたらかなり正確に出てくると思うけど、愛媛や徳島や高知から下の一般道路で入ってくる観光客は絶対にカウントできない。さらに、空港と港と高速道路の通過者数のうち、観光客とビジネス客と帰省客と通勤通学客とその他の生活移動客の別も絶対にわからない。

 そう考えると、香川県の観光客入り込み数は、数字自体にはほとんど意味がない。ゆいいつ、毎年同じ方法でカウントしているのだとすれば「経年推移」の傾向だけはある程度信用できるという話になるわけです。

 いずれにしろ、いろんなところで発表された数字は「それはどうやってカウントしたのか?」を考えると、少し数字の見方が上手になってくると思います。もちろん日常生活にはどうでもいい話ですが(笑)、私がやっている「ものの見方のトレーニング」の一つとして聞き流してください。ただ、情報発信に携わっている方々にはぜひ、いい加減な大本営発表をそのまま垂れ流したり、いい加減な数字を真面目に分析して読者をミスリードするのはやめていただきたい。私の実体験から言えば、ルーティンワークばっかりしてたら、能力はみるみるうちに落ちていきますよ。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.