麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ステーキ

角ハイ100円

忘新年会2016

麺通団アプリ

肉釜玉

生ハム

骨付き鶏

お品書き

お品書き

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
3月で終了メニュー
4月〜の新メニュー
釜玉バター
めんたまうどん
明太醤油うどん
明太高菜うどん
お得セット
  メニュー2017
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2017年3月30日(木)

 谷編集長以下「かしまし娘」首脳陣(もうええか)の獅子奮迅の働きによるデータの不備が発覚した今日この頃であるが、火曜日は2年の香川、水曜日は3年の谷と溝淵の汚名挽回…でなくて汚名返上の奮闘により、何と、まだ春休みだというのに第一特集の頭2ページがもう完成しようかという、創刊以来最速の編集作業が進んでいる。さらに、私の時間投入量も集中力も近年になく充実してきていて、今週末にはさらに1〜2ページが上がろうかという勢いである。競走馬の好調期間がそうそう長く続かないのは筋金入りの競馬ファンならみんな知っていることだが、私は人の動物分類で言えば(何じゃそら)競走馬というより農耕牛グループに属しているので、週末までは大丈夫のはずだ(結構短いな)。

 というわけで、勢い余って昼、朝から編集作業をしていた溝淵と馬渕と隣の研究室にいたK藤先生(30代)を連行して4人で「山とも」に行ってうどんを食い、四国学院大学の将来と溝淵と馬渕とK藤先生の明るい未来を語り合って(私にはもうあんまり未来はないので・笑)再び仕事に就きました。
 
 しかし大変やなあ、若いもん。たぶん停滞するより成長した方が未来は明るいと思うけど、どうも「上の世代がそうはさせてくれん」という場面がどこにでもある。それが高度成長時代みたいに「上が引っ張って行くのにとにかく頑張ってついて行ったら成長する」という時代ならいいけど、もう「上の世代の価値観や手法では成長できない」という時代になっているのにそれをやられたら、にっちもさっちもいかんのである。もう、ミッチーもサッチーもどっちもブルドッグである。

 えーと、昔、野村沙知代(サッチー)と浅香光代(ミッチー)が醜いバトルを繰り広げていた時に、「笑いの文化人講座」にフォーリーブスの「ブルドッグ」という曲のサビの「♪にっちもさっちもどうにもブルドッグ」という歌詞をもじって「ミッチーもサッチーもどっちもブルドッグ」という作品が来てたのを思い出したもんで、改めて記録に残してみました(笑)。

***

 さて、3月26日の四国新聞に「水族館、県内三つの計画 独自色が共存の鍵」という見出しの記事が載ったことを受けて、どうも和田画伯が私の一刀両断を待望しているらしいという噂を聞いたが(笑)、きちんと評論するためにはきちんとした数字が必要なのにそれがわからんので、迂闊には書けん。でも、とりあえず切り出したので記事から概要を引いてみると、

「新屋島水族館」…現在日プラが運営している屋島山上の「新屋島水族館」が、老朽化をリニューアルするのに採算がとれそうにないので日プラが「閉館する」という方針を出したところ、高松市が市主体でリニューアルすると発表し、計画が進行中。

「宇多津町の水族館計画」…県内企業などが出資して設立した準備会社「四国水族館開発」なる民間会社が事業主体となり、敷地面積約8500平方メートル規模の水族館を2020年3月に開業予定。宇多津町は四国水族館開発に町有地を有償貸与する。

「三豊市の水族館計画」…延べ床面積約5000平方メートル規模の水族館を、2019年9月開業目標で計画。今年の4月から、水族館運営事業者を公募する。土地は、三豊市詫間町の造船所跡地を無償貸与する。

 ということらしい。要するに、このまま行けば3年後に、この狭い香川県に水族館が3つも並ぶということらしい。

 具体的に大きさを見てみると、新屋島水族館の延べ床面積が400平方メートル弱、三豊市詫間町のがその10倍以上の約5000平方メートル、宇多津のは敷地面積8500平方メートルとあるから、水族館自体の大きさはたぶん三豊市とよく似た感じである。

 ちなみに、全国の有名水族館の延べ床面積は、

・名古屋港水族館…………約41500平方メートル
・海遊館……………………約31000平方メートル
・鳥羽水族館………………約25000平方メートル
・沖縄美ら海水族館………約19000平方メートル
・八景島シーパラダイス…約18000平方メートル

という感じ。で、宇多津や詫間と同じような規模の5000平方メートル級となると、

・のとじま水族館(石川県七尾市)…約6000平方メートル
・九十九水族館(長崎県佐世保市)…約6000平方メートル
・宮島水族館(広島県廿日市市)……約5800平方メートル
・おたる水族館(北海道小樽市)……約5700平方メートル
・なかがわ水遊園(栃木県大田原市)約4500平方メートル

というラインナップが、ネットの不確実なサイトから出てきた(笑)。正確に調べるのが面倒くさいので信憑性は80%ぐらいかと思うけど、イメージするだけだからまあこんな感じでいいでしょう。

 つまり、宇多津と詫間で計画されている水族館の規模は、全国から人を集めるような超有名水族館に比べると4分の1から8分の1ぐらいの大きさ。また、同じくらいのサイズの他県の水族館は、香川県民にとってあまり馴染みのない、すぐにピンと来るような水族館ではない。ということは、たぶん完成しても向こう(全国)の人にとっては「あまり馴染みのない、すぐにピンと来るような水族館ではない」というレベルのものだと思えばよいでしょう。

***

 で、それがこの日本で一番狭い香川県に2つ、プラスちっちゃいけど新屋島水族館があって全部で3つも揃うというのである。

 で、どうなるかと言われても、初期投資額がわからないし、私は水族館ビジネスの売上に対する経常利益率も知らないので、いくら売上があればリターンがとれるのか(初期投資を回収しながら利益を出していけるのか)の計算は、これだけの情報では私にはできない。けど、常識で考えたら、人口がわずか100万人弱で周辺に大都市圏もないような県内に、全国から大量の人を継続的に呼べるほどの規模でもない水族館を3つも並べて、3つともビジネスが成立する(リターンがとれる)わけがないと思います(笑)。いや、私だけでなくて、ビジネスマンなら誰でも「そんな無茶な」と思うでしょうね。

 とにかく、新聞の見出しに「独自色が共存の鍵」とあるけど(地元識者のコメントらしい)、独自色以前にマーケットが小さすぎます。ビジネス分析の基本的切り口の一つに「市場・競合・自社」という視点がありますが、独自色や差別化といった「競合」に対する戦略以前に、「市場」のところで無理でしょう。従って、営業を続けようと思ったら、金額はわからないけどたぶん延々と税金か何らかの行政的便宜を注ぎ込み続けないといかないだろう…というのが私の第一感ですが。

 まあ、税金を投入し続けてキャッシュが回り続ける限り倒産はしませんけど(屋島みたいに)、確か夕張市は「炭坑から観光へ」と謳って観光施設やイベントに金を注ぎ込んでリターンがとれずに破綻したんでしたよね。投資額の大小に拘わらず、「リターンのとれない投資を続けると市民が豊かさを失っていく」というのは、「お金は使えば減って行く」のと同じ、当たり前の原理原則です。とりあえず、ビジネスはやってみないとわからない部分がありますから「こうなる」とは断言しませんが、結果や経過の検証だけはきちんとやって、正直ベースで市民に報告していただければと思います。


2017年3月27日(月)

 谷編集長以下の「かしまし娘」首脳陣の獅子奮迅の働きでデータが早々と揃っている『インタレスト』第一特集(笑いどころほとんどなし)であるが、数週間苦しんだ「見せ方」がようやく決まってきたので、先週あたりからいよいよ原稿作成と割付にかかり始めたのである。ところが、データを見ながら原稿にかかっていると、「ん? このデータ、ちょっとおかしいぞ」というのがちょこちょこ出てきて……あかん! データを精査し直さんかったら分析結果の文章を間違うことになるぞ! という、いつか出くわしたような大惨事が起こりつつある今日この頃である。

 しかも、谷や溝淵に電話して担当者に集合をかけようにも、バイトやら遊び過ぎやら睡眠不足やら何やらで、春休み中の学生はとにかく集散が悪い。唯一の救いは「まだ何とか3月」という締切まで微妙に時間的余裕があることと、去年まで抱えていた重い原稿が3分の1の負担になってかなり身軽になっていることだけだ。

 それにしても痛感するのは、近年の学生たちの「情報収集」に対する詰めの甘さである(ま、東大生とかは知らないが)。情報源の信頼性とか、その情報の意味するところの確認とか、集めた情報の精査とかの詰めの甘さ。ネット世代のかなり大きな欠陥なのかなあ。

 さらに言えば、『インタレスト』では一応情報発信のプロの私が「この状態で発信したらいかん」と言って止められるのだが、ネット上ではそういう正確性と分析性が欠けた穴だらけの情報を反射神経だけで発信する人が膨大な数いるから、そこいら中で「炎上」なるものがすぐに起こる。もうネット環境が当たり前になってどうしようもないんだろうけど、どうなるんでしょうね。

***

 しかも、近年は情報発信のプロであるはずのマスコミまでが相当劣化してきてるように思えて仕方がないのである。さすがにマスコミは「情報収集」こそ素人の学生レベルではないが、集めた情報の取捨選択をはじめとする「情報編集」に入った途端、本質と枝葉の区別がつかなくなって、たいていの場合が「枝葉」満載のもう無茶苦茶な情報が撒き散らされている。

 さらに、その本質も枝葉もごっちゃにした情報を前に、どう考えても情報発信のプロとは思えないタレントや芸人やタレント化した自称識者たちが感情だけで構築した「正義」を振りかざしてコメントする。さらに、それを見聞きした情報発信の素人の「ネット民」とやらが反射神経だけで膨大な量の劣悪な情報発信をする。

 ちなみに、たまに討論番組なんかで素人の反射神経だけで書いたみたいな短いツイッターコメントを流している番組まで見かけるが、情報発信のプロが情報発信の素人のコメントを浅い考えで垂れ流すというのは、私みたいな古いタイプの人間には耐えられん(笑)のですぐにチャンネルを変える。私がプロデューサーなら絶対にあんなことはやらないが、まあ、古い人間ですから時代について行けてないんでしょう。

***

 ただし、古い人間に言わせていただければ、そういうプロ意識に欠けた情報発信が氾濫しているから近年の日本で韓国みたいな魔女裁判があちこちで起こり続けているのだと思います。森友学園とか、怖いですねえ、魔女裁判。どう見ても韓国の「民意裁判」と一緒ですよ。

 行政が握っている許認可権に対して「口利き」も交えて「根回しをする」なんてことは、そこいら中の日常で行われているのである。仕事を取るのに「ちょっとあの人から口添えしてもらおう」とか、会社の入社試験で「あの人のコネで何とか頼んでみたら」とか、「あの人に頼んだらチケットが手に入るんちゃう?」とか、私だって「○○うどんを取材したいんですけど、大将が気難しいらしいんで田尾さんから電話一本入れていただけたら助かるんですが」とかあるもの(笑)。

 で、そういうことの中であまりにひどいのを罰するために収賄罪とかの罰則があって、そこに引っかかりそうなのがあったら警察が動くことになる。そこで、収賄罪等で立件されたら司法で裁かれて、罪が確定したり無罪になったりする。罪が確定すれば、罰金とか禁固とかのしかるべき罰を受け、反省して更正する。本筋はそれだけである。

 ところが、今の日本では、そこに「叩きたい政治家」が関わっているとか、見てくれがふてぶてしい(失礼)とかいう「マスコミや野党の気に入らない要素、叩ける要素」が加わった途端、罪が確定していなくても、あるいは罪が確定してもその罪のサイズ以上に吊し上げられて、袋叩きにされて火あぶりにされて、事業を潰されて負債を負わされて、ロジカルに妥当な罪を償うだけでは済まず、人生まで潰されるんだ。

***

 まあ、籠池さんが何かの罪で立件されるのかどうか、立件されたとしても有罪になるのか無罪になるのか知らないけど、立件される以前に疑惑だけでマスコミ等にあそこまで人生を潰されたら、そら籠池さんも開き直りますよね。ちなみに、感情で非難を浴びせ倒している人たちは、自分が籠池さんと同じ目に遭ったらどうするんでしょうね。たぶん、あそこまで理不尽に感情的にやられたら誰だってキレますよ(笑)。

 あるいは、アンケートやインタビューで「納得いかない」とか答えている市民がたくさんいるそうですが、あの人たちは何がどうなったら納得するんだろう。罪が確定してなくても土下座して謝ったら納得するのかなあ。あるいは、罪が確定してなくても破産させて人生を破滅させたら納得するのかなあ。そういうのを「魔女裁判」って言うんだけど。

 ついでに言えば、もし、森友学園のいろんな経緯の中に安倍さんの名前がなかったら、ここまでの騒ぎになってのかなあ。あるいは、もし、森友学園に野党政治家の名前があったり、学校で逆に左翼教育をやってたら、野党はあそこまで追及してたかなあ。あるいは、籠池さん夫婦がイケメンと美人でとても感じのいい人だったら、マスコミはあそこまで吊し上げて火あぶりにしたのかなあ…

 とか考えると、結局マスコミは正常な事件報道ではなく、視聴率稼ぎをしているだけ。野党は日本を健全で豊かな国にしようという政治家の最優先責務ではなく、与党を攻撃のための政争の具にしてるだけでしょう。だって、罪の立件は検察の仕事だし、「ああいうことが起こらないようにするために、原因を特定して対策を考える」という視点の報道や国会質問なんか、聞いたことがないもの。

***

 もしそうなら、それは間違いなく、マスコミと野党と反射神経の感情を撒き散らす「市民」とやらによる「魔女裁判」ですよ。かつての堀江社長や小沢一郎さんや、NOVAの社長や村上ファンドの村上さんや建築士の姉歯さんや周辺のコンサルや経営者等々の例を挙げるまでもなく、「罪を問われて確定したら、そこで課された罪を償えばよい」という法治国家の基本ルールを無視して枝葉までほじくり出して袋叩きにして火あぶりにした…という例はいくらでもありますが、たぶん全く学習していない。というより、今回はかつての例よりひどいような気もします。罪が確定するまでもうちょっと冷静になって、事件をきちんと分析して「原因の特定と対策の検討」に立ち返りましょうよ。特に今のワイドショーなんか、韓国社会の「民意裁判」を蔑んでる場合じゃないと思いますけど。

 まあ、唯一の救いは、「勢いづいて追及している民主党の支持率が下がっている」という話を聞いたこと。サイレントマジョリティーが正常であってほしいと心から願っています。そういうわけで、「罪があればロジカルに罪を償えばいいのであって、決して魔女裁判に加担してはいけない」ということで、学生には常に原理原則に立ち返って考えることを教えようとはしてるんですけど。幸い、インタレストには魔女裁判に加担するようなやつはいないような気がします。情報収集は甘いけど(笑)。
 





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.