麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ステーキ

サワー100円

釜揚げしらす丼

おとくセット

麺通団アプリ

肉釜玉

骨付き鶏

お品書き

お品書き

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
カルピスバター
3月で終了メニュー
4月〜の新メニュー
釜玉バター
めんたまうどん
明太醤油うどん
明太高菜うどん
お得セット
  メニュー2017
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2017年5月23日(火)

 ついに『インタレスト』の締切が終わって、印刷工程に入りました。しかも、その合間にしばらく放置していた他の仕事も2つ片付けるという離れ業もやり遂げた。おかげで、月曜日は泥のように寝てしまいました。それでもまだ疲れが取れないので今日も早よ帰って寝よ、と思っていたのに、大学の構内で非常勤講師で来ていた上原にばったりと出くわして「日記、よろしく」と言われてしまったのでは仕方がない。

 さてと、何から行くかな。比較的軽いのから行くか(笑)。

***

 『インタレスト』の締切と授業とつたない研究の仕事が重なって苦しんでいたこないだのことです。昼飯を食う暇もないくらい短い昼休みに研究室で午後の授業の準備をしていたら、大学の受付から内線がかかってきました。聞くと、何やら私と話がしたいという方がアポなしで大学に来られているというのですが、次の授業まで10分しかないので丁重にお断りをしてもらったら、授業の後、受付からメールが入っていました。内容は、先ほど来られていた方からの伝言だったのですが、それがこんなの。

 その方曰く、「インタレストはどう見ても社会人未経験の学生の視点での内容ではない。学生主役の雑誌を作って欲しい。その件について、時間が合えば田尾先生と意見を闘わせたい」とのこと。

***

 こういうのには意見を闘わせたくないです(笑)。だって、『インタレスト』の目的が根本的に違うんだもの。

 まず、『インタレスト』は「学生主役で学生の視点で学生が自由に作る雑誌」ではありません。そういう学芸会みたいな物作り作業はみんな、小学校から中学校〜高校までにさんざんやってきているわけで、それはそれで「みんなで力を合わせて自分たちの作りたいものを作る」という経験は何かのプラスになってきたのだろうけど、私は今から数年後に実社会のプロの世界に出ていく大学生に、そんな小学校の延長みたいな授業をするつもりはありません。だって、「社会人未経験の学生の視点で自由に作ったもの」の大半はレベルが低すぎて、実社会のプロの世界では厳しいユーザーのニーズにほとんど応えられないもの。

 もちろん、四国学院はいろんな教育プログラムがあっていろんな科目があっていろんな先生がいて、教養科目や専門科目やいろんな学問が学べるわけですが、そんな中で私は実社会で零細ながら社長までやってきたという、四国学院ではたぶん異端の教員なので、言うなれば私一人だけ「ビジネス教育部門」を担当しているようなものです。だから、もう数年後にプロの世界に入っていく大学生に、実社会のユーザーのニーズに答えられるレベルの「プロの商品作りの技術と精神」を見せてやらないといけない。それが私の四国学院でのポジショニングだと思っているので、『インタレスト』の授業では、「学芸会の世界」を捨てて、プロの視点による、実社会のユーザーのニーズを意識した情報発信のトレーニングをしているのです。

 従って、『インタレスト』はビジネスの実戦で使えないような「社会人未経験の学生の視点」で作るつもりはないし、学芸会みたいな「学生主役の雑誌」にするつもりもありません。学生に企画を考えさせてプロの視点でダメ出しをし、学生に情報収集をさせてプロの視点で修正をし、学生に編集を試みさせてプロの視点で修正を入れ、最後にプロがプロの技術で仕上げて「プロはどうやるのか」を見せつけて学ばせているのです。ビジネスマンだろうが職人だろうが、天才以外はたいてい、高いレベルのものを見せつけられて自分に足りないものを知り、それを学び、成長するものだと思うからです。

 もちろん、プロと言っても私はもう年を食ったプロですから、原理原則と基本的な技術や組織マネジメントの手法を教えるだけで、若いユーザーを対象にしたマーケティングの感性的な部分はほとんど教えないし、教えられない。それは、彼らが実社会に出て実際にいろんなプロモーションを行う時に、「原理原則と基本技術の応用」として若い感性を生かせばいいわけです。ただし、原理原則と技術の裏付けのない状態で「学生の感性」だけでいくら物を作っても、実社会ではほとんど役に立たない「小学生よりはマシな学芸会」になってしまうと私は思っています。「学生自治」なるものがあちこちでお粗末な結末を迎えているのも、かなりの部分がそのせいだと思いますよ。

***

 余談ですが、かつて、推薦入試の面接に関して、某高校の先生から信じられないクレームが入ったことがあります。聞くところによると、推薦入試を受ける生徒(高校生)は学校で何度か面接の練習をして本番に臨み、面接を終えると高校に帰って担当の先生に面接の報告をするらしいのですが、生徒からその報告を受けた先生が何と、「うちの生徒がおたくの大学で、想定していない質問を受けたと言っている。一生懸命面接の練習をしていった生徒に対して、一体どういうつもりで違う質問をしたのか。生徒が可哀想だと思わないのか」と言ってきたのです。

 その文句を受けたうちの大学の先生(すでに退職されていますが)は、その場で「具体的な事情はここではすぐにわかりませんが、十分気をつけます」という大人の対応をしていたのですが、たまたまそれを近くで聞いていた私はもう、呆れて物が言えませんでした(本当は割って入って言いたかったのですが・笑)。

 これはもう10年も前のことですが、以後今日まで、大学の内外で高校生や大学生をまるで幼稚園の延長のようなメンタリティで扱っている教職員や教育方針や教育システムを何度も何度も見てきました。そして、たぶん「学生主役で学生視点のインタレストを作れ」と言ってきた方も、根底のところで同じようなメンタリティを持っているのだと思います。けど、それはどう考えても、狭いコミュニティの中だけで褒められて守られて育った「弱い若者」を作り続けることになると思うのですが。

 ちなみに、もし、『インタレスト』に「プロの視点を持った天才的な学生」がいたら、私は1号丸ごとそいつに作らせると思います。すると、ほぼ100%学生だけで作った号になるから、それはまさに「学生主体」の『インタレスト』になるわけですが、それで出来上がった号を見たら、さっきの人は間違いなく「どう見ても社会人未経験の学生の視点での内容ではない」と言いますよ(笑)。

 よく「学生の視点や感性を生かして地域に新しい発想を」みたいなことが言われますが、過去を振り返れば確かに天才的な学生が画期的な商品やサービスを生み出して大きなビジネスに仕立て上げたという例はいくつもありますが、それは「学生の視点」ではなく、「プロの世界で戦えるレベルの視点」を持った学生だから成功したのだと思います。 

 まあ、どうしても「学生主体の学生視点の学生レベルのインタレストを作れ」と言われるなら、私の担当外の教育分野なので誰か他の人に話を持って行ってください(笑)。私は、プロの社会に出ていく学生にプロの社会で通用しないレベルの教育をしたくないので。

 ふー、「比較的軽いの」言うて、まあ内容は軽いけど1時になったわ(笑)。


2017年5月9日(火)

 『インタレスト』は今、第二特集全8ページのうちの5ページを終えて、止まっている。その第一の原因は、毎回のことながら「情報収集の甘さ」にある。いや、熱心に取り組んでいる学生スタッフたちはみんな真面目で誠実で、受けた指示を真面目に一生懸命こなしているのだが、「目的」と「全体像」とその「完成予想図」がまだうまく捉えられていないため、いざ私が関わって最終編集段階に入ると、しょっちゅう詰まるのである。

 例えば、『インタレスト』は情報加工(情報収集→情報編集→情報発信→ユーザーのニーズを満たす)の練習授業であるから、大きな目的は「読者に評価される」というところにある。従って、集める情報も編集の仕方も全て「これは読者に受けるか」という判断基準で決定しないといけないのだが、たいていの学生が「ユーザー(読者)」ではなく「上司(チームリーダーや担当教員の私)」を向いて仕事(情報収集作業)をしているのである。

 だから、たかが指示された情報収集と言っても、本来は「待てよ、これはこっちの方向の情報も集めたらもっとおもしろくなるのではないか? もっと読者をおもしろがらせることができるのではないか? 読者に役に立つのではないか?」等々の視点を持った展開力が必要になるし、その視点にこそ若い世代の感覚や価値観の出番があるのである。

 ところが、たいていのみんなが「これでリーダーからの指示の通りになっているか? 先生の言う通りのものが集められているか?」という、私に言わせれば「ただの作業員」のメンタリティでやっているから、いざ私が最終仕上げにかかってみると、そこでしょっちゅう私から「待てよ、これはこっちの方向の情報も集めたらもっとおもしろくなるのではないか?」というのがどんどん出てきて、その都度「大急ぎでこっちの情報を集めろ」となって、その情報が集まるまで編集作業がストップするのである。

***

 会社でもそういうメンタリティで仕事をしている人、結構いますよね。ユーザーの顔色(ニーズや満足度)でなくて、社内の上司の顔色に向かって仕事をしているような人。あるいは、ユーザーに誠実な社員より自分に忠実な社員を好む上司とか(笑)。とりあえず、そういう社会人にはなるべくなって欲しくないので、できるだけユーザー目線のメンタリティを持つことの重要さを教えたちと思っているのですが、会社じゃなくて社会経験ほぼゼロの学生相手の授業なので、なかなか大変です。

 まあ、社会に出ると「言われた通りのことをきちんとやる」という段階は基本の基本として絶対に必要だから、最低限そこはクリアしつつあると思うけど(基本もできてないのに意見や文句ばっかり出すやつにはもっとなって欲しくないしね)……などという状態の中で、この1ヵ月くらい『インタレスト』の締切のせいで放置していた他の仕事が、さすがに抜き差しならない状況に追い込まれてきているため、最終が全く見えない状態になってきました。さて、この創刊以来最大級のピンチをどうクリアしますか。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.