麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


ステーキ

クレジットカード

サワー100円

おとくセット

麺通団アプリ

肉釜玉

骨付き鶏

お品書き

お品書き

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
アゲアゲマンデー東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日に実施いたします。






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
カルピスバター
10月〜の新メニュー
カツカレー
けんちんうどん
肉そぼろ釜たま
山菜きのこうどん
モツ煮込みカキフライ
4月〜の新メニュー
釜玉バター
めんたまうどん
明太醤油うどん
明太高菜うどん
お得セット
  メニュー2017
メニュー2017英語
メニュー2017中国語
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2018年1月18日(木)

 この1ヵ月くらいの間に「讃岐うどん」に関する執筆依頼が2件舞い込んできたのだが、そのうちの1件(全国ネットの某メディア)はあまりにコンセプトがいい加減だったのでお断りして、もう一件の原稿にこないだから取り組んでいたのである。ま、「取り組んでいた」と言っても仕事の合間に「何を書こうかなあ」と考えているうちに日にちが過ぎて行っただけであるが、先週、何となくテーマが決まったのでちょっと書き始めたら、どうしても文中にごんとH谷川君のボケツッコミが入らないとリズムが取れなくなった(どんな文章や。あ、いつもの文章か)。

 しかし、彼らがしゃべってもないことを会話文にするのは、誠実な編集者として本意ではない。そこで早速、まずはH谷川君に電話。

田尾 あ、私がお忙しいところ、申し訳ありません。
H谷 イヤな予感がしますが何ですか。
田尾 実はこうこうこういうわけで原稿を書き始めたんやけど、今、俺の頭の中でちっちゃいH谷川君がよっけしゃべりよんや。このまましゃべらせといてええか?
H谷 こっちの僕は何もしゃべってないですけど、いいですよ。好きなようにしゃべらせといてください。
田尾 了解。ほな。

 よし、一件落着…でなくて、とりあえず1件だけ落着。次はごんじゃ。

田尾 あ、私がお忙しいところ申し訳ありませんが、一つよろしいでしょうか。
ごん あまりよろしくない感じがしますが、何でしょう(みんな学習しとるから同じような反応をする・笑)。
田尾 実はかくかくしかじかで、今、俺の頭の中のちっちゃいごんがよっけ突っ込み入れよんやけど、止めんでもええか?
ごん おかしいですねえ。今、出張で県外に来てるんで、そっちで突っ込み入れよるはずがないんですけど。
田尾 けど、よっけしゃべりよるぞ。そっちのお前、ほんまにお前か? ちょっと確かめてみ?
ごん え?…あ、なんか私でないかもしれん…って、何でやねん。はいはいわかりましたよ。

 よし、2件とも落着(笑)。

***

 というわけで、自分で言うのも何だが、いろんなもののスピードが落ちてきたとは言え、自分の持ち場で相変わらずよく働いておる。何事も、前に進もうとする時は「全員、持ち場に着け」である。ま、それもリーダーが優秀な時に限るが(笑)。

 さて、既報の通り(既報したかな)、来週の月曜日の夜9時からの『世界なぜそこに日本人』(テレ東系)に大円の大将の娘さんが出ます。カリブ海のアンティグア・バーブーダという聞いたこともないような秘境で、我々凡人にはとてもできない“持ち場”に携わって頑張っているそうです。ちなみに、大円の店内カウンターにある「麺出るすゾーン(厨房から出来上がったうどんを出すスペース)」のデザインが中南米風のイラスト入りに一新されていますが、娘さん作だそうです(笑)。


2018年1月4日(木)

 初詣も行かずに正月三が日が終わった。別にニッポン人の伝統文化を破壊しようという気持ちなどはサラサラないのであるが、どうも「みんなが殺到するところにはあまり行きたくない」という生まれついての天の邪鬼みたいなところがあるのか、物心ついて以来、私には初詣に行った記憶がほとんどないのである。大体、私が阪神ファンになったのも、中学生になった頃(1968年頃)、周りが全員巨人ファンだったので(田舎ではテレビで巨人戦しか見られなかったからだと思う)無理矢理それ以外のファンになろうと思って探したら、巨人の一番のライバルが阪神だったから、という歪んだ理由だし(笑)。

 ただし、これまで『インタレスト』で何度も神社やお寺の特集をしたり、「うぶしな(宇夫階神社の境内で神主がやっているうどん屋)」へ行けばお供えのお下がりの餅が入った「宮うどん」を食べるし、「八十八庵(四国霊場第八十八番札所・大窪寺の門前うどん屋)」も大好きなように、日頃からお寺や神社に対しては常に真摯な気持ちで接しているので、神様仏様にはそのあたりを十分にくみ取ってご容赦いただいてと(笑)。

 ちなみに、四国新聞が毎年発表する「正月三が日の初詣客数」によると、香川県内13カ所の主要寺社には合計140万人もの参拝客がいたそうで(去年の1月1日の日記参照)、そこから推計すると、県内全ての寺社の初詣客は500万人を超えるのではないかという殺到ぶりらしいので(笑)、我が家が行かなくても日本の伝統は大丈夫だろう。

 しかし、それにしても四国新聞、今年も発表するのかなあ。「お寺や神社に聞いてそのまま発表する」などといういい加減なことをやっているから、合計が香川県の人口(97万人)をはるかに上回るというバカな数字になってるのに(笑)。

***

 というわけで、今日は10時過ぎに家内と長男と3人で「がもうへうどんを食べに行こう」という話になったのである。最初は「どうせなら、珍しく初詣を兼ねて八十八庵まで遠征しよう。4日ならさすがに初詣ラッシュは過ぎてるだろう」というプランが浮上していたのだが、八十八庵までは家から約1時間。メンバーの中に特に腹が減りがちな者が1名いたため(今、頭の中のちっちゃいごんからその1名の名前が挙がったが、正解・笑)、近いところで家から20分のがもうに変更したのだ。

 そこで私は、道中、がもうでの第一声を考えることにした。

「明けましておめでとうございます。初詣に来ました」
「確かここ、二礼二拍手一礼でしたよね」
「お賽銭、なんぼぐらい入れたらええかな」
「願い事。今年はがもうへちゃんと財布を持って行けますように」

 うーむ、どれも今ひとつ切れがないな。とか思いながら、産業道路から南バイパスに入って、あと10分ぐらいになったところで、

田尾「あとは今日、がもうがやっとるかどうかだけやな」
長男「えーっ! ここまで来てそこかい!」
田尾「大丈夫や。俺がなんぼ定休日に当たる言うても、1月4日はもう開いとるわ」

 とか言ったら、後部座席でスマホをいじって確認したらしい長男が報告してきた。

長男「今日、営業しとるわ。しかも、今の時間帯は特に空いとるらしいで」
田尾「最近のネットはそんなんまでわかるんか! 一体誰がそんな情報をアップしよんや。客か? がもうは絶対、いちいちリアルタイムでそんな情報をアップしてないぞ」
長男「まあ、誰かが何かのデータから傾向を出して載せとんちゃう?」

 私は『ゴルゴ13』の「俺は自分の目で見たものしか信用しない」という生き方を信奉しているので、自分で調べたわけでない他人発の情報は、「誰がどうやってその情報を入手したか」が推測できないものは基本的に信用しないことにしているのだが、まあ、うどん屋情報だから間違ってても人生に大して影響はない。とりあえず、今日はがもうの営業日であることだけ確認できれば問題ない。

 そして10分後、がもうのすぐ東側の道のカーブミラーの所に差しかかった。そこを90度左折した途端、

田尾「ランプがついてないぞ!」
家内「臨時休業って書いてある!」

***

 今年の初うどん屋は、「臨時休業」であった。ま、ネットの情報とはそういうものだ。しかしとりあえずガックシと肩をカカトまで落とした我々は、「ここまで来たら」ということで、そこから「おか泉」に向かうことにした。

 10時50分頃、おか泉に到着。ところが、店の入り口から20メートルはあろうかという行列じゃないか! しかも、行列は微動だにせず、動く気配全くなし。

田尾「これはあかんわ」
家内「じゃあ、うぶしな行く?」
長男「そこ、行ったことないわ」
田尾「すぐそこの神社の中や。初詣代わりにピッタリやぞ」
長男「初詣代わりと言うより、そのまま神社で初詣したらええやん(笑)」

 とか言いながらうぶしなに行ったら、店、やってないやんか! 神社が忙しくてうどん屋どころでないんか!

田尾「しょうがない、丸亀まで行って『やお(中村)』に突撃するか」
長男「最初から八十八庵に行ってたら、もう着いとんちゃう?」

 とか言いながらもう一回33号線に出て目の前のおか泉を見たら…

家内「行列が半分ぐらいになっとるで!」
田尾「ほんまや」
家内「おか泉行こ」

 再度「おか泉突撃」に変更。私はおか泉の横に車を停めて先の家内と長男を下ろし、裏の駐車場に車を回して、裏から歩いて正面に出ようとしてふと横の大きな看板を見た。

「営業時間 11:00から」

 え? 11時から? 今、10時58分。とすると… 私は表に回って家内と長男(まだ行列の最後尾だった)に合流して言った。

田尾「おか泉、11時からや」
家内「えー? そしたら、さっき見た行列って、開店前の行列やったんや」
田尾「たぶん、行列があったから10時55分ぐらいに店開けて、第一陣が今、店に入ったとこや」
家内「じゃあ、最初から並んどったら、私ら今、行列の一番前だった」
町内「ま、正月から最悪のタイミングということで(笑)」

***

 という、「臨時休業」、「臨時かどうかわからんけど休業」、「営業時間確認ミスによる20分近くのタイムロス」の3連発が立て続けに襲ってきた我が家の初うどん屋出動記でした。2018年の讃岐うどん界、激動の予感(笑)。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.