麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


学割

骨付き鶏

お品書き

お品書き

納豆

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉釜玉

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!

※下記のサービスは終了しております
・月曜日・・・レディースデー
・火曜日・・・生卵1個サービス
・水曜日・・男性だけ1玉増量無料
・平日・・・・学生割引

過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
2月28日(日)をもちまして閉店させていただくことになりました。長い間ご愛顧いただきどうもありがとうございました。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2016年5月17日(火)

 そういうわけで、『インタレスト』の原稿が全て松本君ちに入りましたので、入手希望者のお申し込みの受け付けを開始します。えーと、半年前の要項をコピペしてと。

***

 いつものように冊子は無料ですが送料のみ「着払い」でご負担いただくことになっておりますので、それでもOKという方は、いつものようにメール、ハガキ等でお申し込みいただければと思います。

●メールでのお申し込み………interest@sg-u.ac.jp
●ハガキ等でのお申し込み……765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1 四国学院大学社会学部情報加工学メジャー「インタレスト編集部」宛

(申し込みの必要記入事項)
●送付先の住所、氏名(架空住所不可)
●年齢(詐称可)
●職業(偽証可)
●気の利いた一言(割愛可)

***

 といったところで。今回も特集3本立てで、最後にちょっとスペースが余ったので編集室の写真を載せています。

 第一特集は、香川県の海岸線の「突端」を全部攻めよう! という、5年前に一回ボツになった企画です。それが復活した理由は、

中O(編集長)「ネタ切れですね」
田尾「お前が言うな。きみらが斬新な企画をひねり出さんからそんなことになったんぞ」
中O「確かに(笑)」
 
 ま、学生たちにも増して私の頭もずっと、ネタ切れの崖っぷちを彷徨っているのだが、それでも何とか新しいメッセージを出そうと、みんなで決死のロケに行って参りました。

田尾「内容に不安がある時は、せめてタイトルで斬新さを見せないかん」
中O「確かに」
田尾「そこでひねり出した」
中O「お願いします」
田尾「『そうだ 突端、行こう』。どや」
中O「どっかで聞いたような気がします」
田尾「空耳や」
中O「そうですね。きっと空耳です」

 しかし、思い起こせばインタレストは創刊以来、数々のオリジナルタイトルを生み出してきたことも事実である。

田尾「まず、いきなり創刊号から、香川県の方言を斬新な視点で捉えて比較と推移を発表した『方言の乱』」
中O「ダジャレですね」
田尾「全国の“街並作り”の在り方に一石を投じようとして中途半端に写真特集で終わった『まちなみの色』」
中O「タイトルはともかく、企画倒れですね」
田尾「ニューヨークとラスベガスとハワイのショップや商品デザインにスポットを当てた『ディスプレイの迫力』、ニューヨークの屋外広告にスポットを当てた『本気がひしめく広告の海』、お寺にある空海像の顔だけを四国中から集めた『空海の顔、190面』」
中O「まあまあそのへんは頑張ってますね」
田尾「2010年に入って、香川県の小中学校の校章を集めた『校章、行きます。』」
中O「ガンダムの『アムロ、行きます』みたいな(笑)」
田尾「そこから取ったんや。続いて、香川県の気象の真実をデータから解き明かした『そうだったのか! 香川の気象』、香川県の文化財を徹底取材した『今そこにある重要文化財』」
中O「完全にパクリモードに入ってきてるじゃないですか!」

 ま、オマージュとでもリスペクトとでもトリビュートとでも何でも言ってくれ(パクリとは言わんのかい・笑)。とにかくそれが第一特集。あと2つは、有名アーティスト58人分の2015年の公演実績を網羅的に調べて「文化の供給度」を推測した特集と、全国のテレビ、ラジオのタイムテーブルを全部精査して「番組名に方言がついた番組」を網羅的に引っ張り出して意味や傾向を分析した特集です。といっても大した分析ではなくて、いつものように文章で遊んでいるだけですが(笑)。

 発行は6月1日の予定ですが、曜日の配置の関係と松本君に残っているエネルギーの量によって、ちょっとズレるかもしれません。あと、スタッフ学生の宛名書きのスピードもありまして。なんせ、今年は字が汚いのが揃ってるもんで(笑)。


2016年5月16日(月)

 日付が変わって午前1時過ぎ、『インタレスト』の第三特集の最終原稿と割付作業が終わりました。で、ちょっとだけ寝て早朝から大学に行って、火曜日の授業でやる予定の少々手間のかかる準備をして、午後は『インタレスト』締切中に手がつけられずに溜まりに溜まった重い原稿9本に取りかかるため、資料を置いている自宅の仕事部屋に帰ることにする。

 大学の駐車場を出た時に、車の燃料があとわずかのランプがついたけど、善通寺のガソリンスタンドでは何度も応対の悪い目に遭っているので、そのまま善通寺インターから高速に乗って高松西インターを下り、自宅近くの行きつけのガソリンスタンドに行った。私の車は今、度重なる野外取材でホコリまみれの上、学生たちを乗せて海岸線から岬の突端まで何度も出かけてきたため、助手席も後部席も足元は土まみれになっている。しかし、空は今にも雨が降りそうだ。

田尾「ものすごく洗車したいけど、絶対雨が来ますよね」
店長「間違いなく、もうすぐ来ますね」
田尾「今からものすごく重い原稿に取りかかるから、晴れ晴れとした気分で帰りたいんやけどなあ…」
店長「気分は大事ですからね」
田尾「………ハイオク満タンと、洗車」
店長「了解しました」

 ガソリンスタンドの待合室でパソコンを開けて原稿の構想を練っていたら、30分ぐらいでピカピカに仕上がったガソリン満タンの車が出来上がった。お金を払って車に乗って家に帰って、マンションのタワーパーキングに車を入れた瞬間、ブワーッ! と雨が降ってきました。今年の私は、今までとは何か違うと言っておこう。

 今週は、授業の合間に『インタレスト』の最終仕上げと校正作業。必死で挽回しなければならない9本の重い原稿。週末の出張授業の準備。『うどラヂ』の収録2本。その他諸々。久しぶりに中1日で日記を更新したが、決して予断は許さない(笑)。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.