麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
10月6日更新
東京麺通団
6月13日更新
麺通団の仲間たち
大切なお客様へ
いつも東京麺通団にご来店ご飲食頂き誠に有難う御座います。心より御礼申し上げます。
大変心苦しいお知らせではございますが、
原材料の高騰により、6月14日より商品の一部を値上げさせて頂く事になりました。
今後ともお客様にご満足いただける商品を今後もご提供させて頂きたいと思っております。
何卒、ご理解頂きますようお願い申し上げます。
東京麺通団
夏のぶっかけうどんフェア
牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!

※下記のサービスは終了しております
・月曜日・・・レディースデー
・火曜日・・・生卵1個サービス
・水曜日・・男性だけ1玉増量無料
・平日・・・・学生割引

過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
毎週水曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2015年6月30日(火)

 今晩、『うどラヂ』収録に行ったらこんなお便りが来ていたけど、番組で紹介するのも流れに合わないので、この日記開始以来初の、FM香川『うどラヂ』に来たメールの全文無断転載である(笑)。

***

団長日記訂正のコーナー

麺通団のみなさん、こんばんわ。埼玉在住、団長マニアの雪面の飛び魚です。
団長日記に間違いがあったので、報告申し上げます。私も団長と同じくボーンシリーズのファンなので、DVDは3巻持っています。団長が書いていたシーンは『ボーン・スプレマシー』ではなく、『ボーン・アルティメイタム』です。さらにボーンが飛び込んだのは川なので、海中ではありません。
団長マニアの私が間違いを指摘するのは大変心苦しいのですが、どうかお気になさらないでください。多分団長は心身ともにお疲れだったのだと思います。お体に気を付けてこれからも楽しい放送を期待しております。

***

 そんなコーナーを開設した覚えはないが、あちゃー、『アルティメイタム』で川に飛び込んでたのか。すると、WOWWOWの『ボーン・スプレマシー』を見逃して悔しがってたのは、あれはちゃんと見てた方が最後のシーンで「ありゃ?」みたいなことになってたわけか。よしよし、結果よし。まだまだツキは持ってるぞ(どこまでもいいように考える性格の私・笑)。

 ただし、「心身ともにお疲れ」ではあるが、それ以前に歳のせいで近年、物忘れと確認ミスがずいぶん増えちゃったせいである(笑)。ついこないだの土曜日なんか、前日の金曜日にわざわざRNCラジオのディレクターから「明日の朝の生放送、よろしく」という電話までもらってたのに、当日の朝、すっかり忘れて大学に行って研究室で仕事をしていたら電話がかかってきて、「もう始まりますが、間に合いますか?」って言われて「あ! ラジオ!」って気がついて、そのまま電話を切らずに電話出演でクリアしたという有様だぞ。

 しかし思い出せば20年も前、同じRNCラジオで午後1時からの生放送ワイドをすっかり忘れて、ラーメン屋でラーメンを食いながら店内に流れていたラジオで「今日は田尾さんがまだ来ていませんが…」という放送を聞いたことがあるから、これは歳のせいではないかもしれない。あと、「団長マニアの私が間違いを指摘するのは大変心苦しい」とあるが、心苦しさを微塵も感じずに団長に直接ダメ出しできるようになったら、マニアを卒業して「失礼な麺通団員」の仲間入りだが、お勧めはしない(笑)…といったところで今日は短く。昨日の続きを書こうと思ったけど、論理的にまとめる時間がないのですみません。


2015年6月28日(日)

 火、水と2日連続日記を更新した後、大方の予想を覆して1ヵ月ぐらい連続更新してやろうと思っていたのだが、大方の予想を覆したのは私ではなくてゴールドシップだったみたいです(笑)。

 というわけで今日、3日ぐらいかかった一つの仕事をやり終えて久しぶりにプチプチ油断モードが入ったので、夜、WOWWOWでスティービー・ワンダーの特別ショーみたいなライブと、引き続きビヨンセのライブをちょこちょこと見ました。やっぱり海外のトップアーチストのステージは桁違いですね。それに比べて、日本のエンタテインメントは私にはステージもドラマも映画もどんどん幼稚化していくばかりに見えて、ほんと、もう見なくなりました。でも幼稚化を確認しないといけないので、時々チラ見はするのですが、まあ好みの問題でしょうからあまり言いません。

 それから、数日読む暇もなくて溜まっていた新聞も見たら、土、日と2日連続、四国新聞の一面トップに「言論封じ」の大きな見出しが躍っていました(踊ってはないけど)。共同通信の記事ですね。読んでみると、どうやら自民党勉強会みたいな席で、百田尚樹さんとか議員さんとかがマスコミの偏向報道に対して堪忍袋の緒が切れたみたいに批判をしていたのを、「言論封じだ」と非難しているという内容のようです。

 何だかなあ。これまで自分の意に沿わない言論を実際にずーっと封じ続けて来たマスコミが(気に入らない人物の言論は取り上げなかったりとか、番組を降ろしたりとか、ずーっとやってますからね)、「何ぼ言うても偏向報道をやめないメディアは懲らしめないといけない」と「言論」しただけの人の言論を「封じるべきだ」と主張している姿は、私に言わせれば「何のこっちゃ」ですが(笑)。

 今まで自分たちはずっと好きなように言論してきたんだから、他の人にも好きなように言論させてあげたらどうですか。もっと言えば、マスコミはこれまで、自分の主張と相容れない人を黙殺どころか、実際に何人も何人も政界や経済界やいろんな分野で「潰してきた」のだから、「懲らしめなければならない、潰すべきだ」と言われたくらいで火が付いたようにバッシングの大合唱をするのは、幼稚で大人げない。マスコミの「言論封殺」体質は全然変わってないなあ…という感想でした。

 あと1つ2つ、ツッコミどころ満載の記事を見つけましたが、もう午前1時を回ってしまいましたので、上原にはもの足りないだろうけど今日はこのへんで。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.