麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち

讃岐うどんクーポン

ホットペッパー


日本酒

獺祭

温玉ぶっかけ

肉釜玉

肉ぶっかけ

けんちんうどん


骨付き鶏

焼き鳥丼

飲み放題宴会メニュー

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!

※下記のサービスは終了しております
・月曜日・・・レディースデー
・火曜日・・・生卵1個サービス
・水曜日・・男性だけ1玉増量無料
・平日・・・・学生割引

過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
獺祭

吉祥寺

◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
毎週水曜日のアゲアゲデーは終了しました。11/27よりフルサービスになってリニューアルオープン!ご来店を心よりお待ちしております。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2016年2月9日(火)

 ええ歳こいて、思いつきでいらんことをするものではない。

 私はボトルガムのかなりの大量消費者で、家の仕事机の上と、車の中と、大学の県研究室の机の上の3ヵ所に常に常備しているのだが、「常に常備している」というのは「腹痛が痛い」状態だけど「ものすごく常備している」ことを表していることにしておこう。「ものすごく常備している」という日本語もおかしいが、とにかく「切らすことがない」ということである。それなら「切らすことがない」と書けばよかったが、こうやって文字数を稼ぐのが私の長年の習性だからいいや。

 それでこないだの朝、車で大学に向かっていて常備しているボトルガムに手を入れたら、最後の1個だった。そこで、新しいボトルガムを買おうと思ってコンビニに寄ったのである。そしたら、いつも買っている白い粒のボトルが1つだけあったのだが、それを買おうと手に取った時、ふと研究室のガムも残り少なかったことを思い出した。

 見ると、その横に今まで見たことのない新しいデザインのボトルガムが縦に1列、「売り出し中でっせー」みたいに並んでいる。私は小考ののち、そいつに手を出した。で、いつものやつ1個と新発売らしきもう1個を買って、車の中でとりあえずいつものやつの方を開けて所定の位置に置こうとして、ふと思いついたのである。

 いつものやつを車の中に置き、新発売のやつを研究室に置くというのでは、普通すぎて芸がない。せっかくいっぺんに2種類買ったのだから、両方を混ぜて2つのボトルに入れ直したら、どっちのボトルも2種類のガムが入っていることになって、食べる時にちょっと楽しいではないか。これぞ、常に「何か新しいことはできないか?」と考える私ならではのチャレンジではないか。

 私はさっそく、新発売らしきもう1個のボトルガムも開けて、さっき入れてもらったレジ袋の中に2種類のボトルガムを全部投入した。袋の中を見ると、どっちもほとんど同じ白い粒で、一見しただけでは混じり具合の見分けが全く付かない。そこで私は袋の口を握り、ジャラジャラジャラジャラとよーく振ってよーく混ぜ合わせ、しかるのち、それを2つのボトルに分けて入れ直し、そのうちの1つを車内の所定の位置に置いて、再び大学に向けて車を走らせたのである。

 10分ぐらい走っていたら、さっきから噛んでいる「最後の1個」のガムの味がなくなってきた。そこでさっそく私はさっきセットしたばかりのボトルガムのフタを開けて一粒をつまみ出し、そいつを噛み始めた……瞬間、苦手なフレーバーの香りが口の中から鼻にフワーッと広がった!

 あかん! あの新発売の方、ハズレやった! しかし、どっちもほとんど同じ白色なのに混ぜてしまったから、食べてみないとわからんやないかー!

………

 大学に着いて研究室に入り、研究室用のボトルガムをティッシュの上にザラッと出してみると、凝視すれば微妙な違いがあるようにも見えるが、これを分類するとなると、作業はかなり困難を極めること必至の状態であった。頑張ってもいいが、こんなものを必死に分けている姿を横Zとかに見られたら教授の権威が失墜する…(もとより墜落するほど権威は高くないのだが)。まあ、吐き出すほどまずいわけでもないし…

 葛藤の末、私は分類作業をあきらめた。

 そういうわけで今、私は車の中と研究室で毎日、ロシアンルーレット状態でガムを食っております。1発目でハズレに当たった日のへこむことへこむこと…。いくつになってもチャレンジ精神は失うまいと心がけてきた私であるが、チャレンジにはリスクが付き物であることを40年ぐらい学習してきたはずなのに、この歳になるとリスクにぶち当たった時の耐久力が衰えて来ちゃって…。

 そういうわけで、私に仕事を出している関係者の皆さん、仕事が遅れたら、こないだ大人買いしたジェフリー・ディーバーと、このボトルガムのせいです(笑)。


2016年2月8日(月)

 いつまでも小学生みたいな日記を晒しておくわけにはいかないと思って、今度こそU原の期待に応えて「電力小売自由化」に斬り込もうとしていたのだが、調べることが多すぎる上に、調べても調べても疑問に答えてくれる解説やデータが出てこなくて、仕事の合間を使っても使ってもどうにもまとまらん。おかげで、“小学生みたいな日記”を1週間も晒すはめになった上に、あんまりしゅくだいもすすみませんでした(笑)。

 でも、まとめようと思ったらあと1カ月ぐらい“小学生日記”をトップに置いておかないといけないような気がするので、「何がまとまらんのか」だけを書いておきます。

 電力小売自由化の「目的」は、要するに、
(1)10の電力会社(北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)が地域ごとにそれぞれ独占状態にあるところに、新規参入を自由にして競争を起こす。
(2)その結果、ユーザーの電力購入の選択肢が増え、競争によって電気料金が安くなることを目指す。
ということのようである。

 その経過は、
・まず2000年3月に電力小売自由化がスタートして、新規参入した電力会社(新電力)が大規模工場やデパート、オフィスビルへ電力の小売ができるようになった。
・続いて2004年、2005年にその自由化の範囲が広がり、中小ビルや中小規模工場への電力小売も自由化された。
・そしてこのたび、2016年4月から家庭や商店への電力小売も自由化されて、「全面自由化」になる、という話のようである。

 その「新電力会社」というのは、一部、自社で発電設備を持って発電をしている(大規模工場の自家発電等)ところもあるが、大半は発電をしていない「電気の販売」だけをやる会社だそうである。前者は、自家発電した電気(たぶん自社で使った分の余剰電気)を既存電力会社の送電線を使って(使用料を払って)事業所や家庭に配電する。後者は、どこかから電気を仕入れて(それぞれがどこから仕入れているのかがよくわからん)、当然それに自社のマージンを上乗せして、既存電力会社の送電線を使って(使用料を払って)事業所や家庭に配電するという仕組みらしい。

 そして、2016年1月時点で全国で850社ぐらいの新電力会社が届け出を済ませており、そのうち70社ぐらいはすでに工場やデパート、オフィスビル等への電力販売を行っている。その70社ぐらいの「新電力会社」というのはどういう会社かというと、

エネット、サミットエナジー、イーレックス、エネサーブ、ダイヤモンドパワー、大王製紙、王子製紙、大和ハウス、ミサワホーム、パナソニック、本田技研工業、サニックス、丸紅、伊藤忠、三井物産、日本テクノ、日本ロジテック、オリックス、新日鉄住金エンジニアリング、泉北天然ガス発電、ワタミファーム&エナジー、F-Power、JXエネルギー、昭和シェル石油、出光グリーンパワー……あと、ネットで調べてください。

 で、それが今度は一般家庭も対象になるため、各社とも「ポイントサービスで値引きします」「ガスとセットで安くします」「地域で作った電力を売ります」「原発ゼロの電気を売ります」…等々のいろんな商品を打ち出し始めていると。そしてユーザーは、「既存の電力会社」か、たくさんある「新電力会社」のどれかを選べるようになるということらしい。

 さて、ここから、こういうものをよく知らない私の頭の中には「巨大なハテナ?」がいくつも湧いてきて、どうにもまとまらんのである。

 まず、「新規参入で競争を促す」とのことであるが、

@既存の電力会社………………自社で発電、自社の送電線で配電。
A発電している新発電会社……自社で発電しているが発電量は@に比べると“象と蟻”ぐらい違う。それを既存の電力会社の送電線を使って配電。
B発電していない新発電会社…たぶん@かAから電気を仕入れる(それ以外に発電しているところがそんなにあると思えないから)。それを既存の電力会社の送電線を使って配電。

という三者が、競争なんかできるのか? すなわち、

(1)ビジネスの常識から言って、“象と蟻”で健全な競争が起こるはずがない。
(2)「競争相手の送電線を使う」という時点で、健全な自由競争の前提が崩れている。
(3)Bに至っては「競争相手から電気を仕入れる」という、わけのわからない話になっている。
(4)太陽光発電業者も参入できると書いてあったところがあったが、太陽光発電業者なんか、「競争相手に法外な値段で電気を買ってもらっている」という、自由競争に参入すらできない支離滅裂な立場にあるんちゃうか?

 …等々の初歩的疑問が、情けないことに自分では一つも解決できないのである。

 どこかで私の「前提」が間違っているのかもしれないが、そういうわけで今の時点では、私の頭の中で「こんなもの、自由競争になるわけがない。だから、電気料金も劇的に下がるわけがない」という話になっているのである(普通に考えれば、無競争のマーケットに競争原理を導入して有力な競合が参入すれば、価格は劇的に下がるはずです)。事実、2000年から始まったという工場やオフィスビルへの電力小売自由化で「四国電力の業務用電気料金が劇的に下がった」という話は聞いたことがないもの。

 私が思っている「電力の自由化(きちんと競争原理が働くマーケットを作る)」の形は、既存電力会社と新電力会社の競争ではなく、「既存10電力の競争」である。すなわち、四国電力と中国電力や関西電力等が競合状態になって、ユーザーがそれらを選択するという形になると、談合がない限り、一番健全な電力の自由競争が実現すると思っている。

 そこに向かうには、素人考えではあるが、
(1)送電ロスを解消する(交流から直流への切り替え?)
(2)各既存電力会社間をつなぐ送電線を飛躍的に強化する
等々の巨大な壁があるような気がする。

 あともう一つ、新電力も参入してもらうなら、上記の妙に入り組んだ利権関係を整理しないと健全な自由競争にならないから、
(1)既存電力会社もその他の発電会社も全部、発電した電気は全て「卸し市場」を作ってそこに卸し、ユーザーに直接販売しない。
(2)送電事業を国営化して、各電力会社の送電利権(?)を排除する。
とかいう形を目指すしかないと思うけど、これも大変な話になる。

 しかしそれでも、少なくともそういう方向に何かが動いているのなら「おおっ!」と思うけど、そうでないものに関しては「何じゃそりゃ」としか言いようがない、というのが現時点での正直な感想です。ま、とにかくまだ全部調べ切れてないので、まだ「まとまらないまま」の意見の垂れ流しです。もうちょっと勉強して考えてみます。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.