麺通団公式ウェブサイト 麺通団のワンショット
小豆島裏八景のモノリス。その正体は…

団長日記
讃岐うどん小ネタ集
随時更新します
東京麺通団
随時更新します
麺通団の仲間たち
ホットペッパー


忘新年会2016

麺通団アプリ

サワー100円

肉祭り

肉釜玉

肉そぼろ釜玉

生ハム

学割

骨付き鶏

お品書き

お品書き

たまごかけごはん

温玉ぶっかけ

肉ぶっかけ
焼き鳥丼

牛丼セット

カレーセット

お得セット
月曜日は天ぷら全品50円!!!!!!
カレーセット東京麺通団では、「あげあげマンデー」と題して天ぷら”全品”50円!!!!でのサービスを始めました!月曜からあげあげ気分で元気になってください!
※店内でお食事される方に限ります。
※祝日もやってます!






過去のニュースはこちら>>東京麺通団
 
讃岐うどんクーポン
       
飲み放題宴会メニュー
       日本酒

獺祭

獺祭

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー>
◎麺通団のDVD第3弾!『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』発売中!
超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店 『麺通団と週刊!超うどんランキング』のスピンオフとして、今回DVD第3弾『超麺通団スピンオフ!2013年珠玉の讃岐うどん店スーパーカテゴライズ』が出ました。
 麺通団が2012年〜2013年にかけて行った、「500軒以上食べ歩いた讃岐うどん通の強者たち」の「自分の好きなうどん屋1位から50位まで」のアンケートを元に、麺通団がスーパーカテゴライズ!レジェンド店から最新S級店新進A級店まで大発表!
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。
今の麺通団の面白話をお聞きになりたい方はFM香川の『うどらじ』で。香川岡山以外の方でもポッドキャストでお聞きになれます。
◎『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVD第2巻が発売されちゃいました。
麺通団と週刊!超うどんランキングDVD第2巻 4月に発売した『麺通団と週刊!超うどんランキング』のDVDが結構好評なようで、第2巻の発売と相成っております。
毎回違った質問での 讃岐人1000人が選んだうどんランキングを見ながら、麺通団が面白コメントを話しているという番組ですが、こちらも第1巻同様出演者はすでに何をしゃべっていたかまったく記憶にありません(笑)
DVDについてや購入出来るお店情報はKSB瀬戸内海放送案内ページへどうぞ。サンポートタワー1F「四国88ショップ」さんなどでもご購入いただけます。
『超麺通団1』『超麺通団2』が文庫本で登場
超麺通団1
「超麺通団 讃岐うどんめぐり 指南の書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格680円超麺通団2
「超麺通団2ゲリラうどん通ごっこ軍団始まりの書」
著者:田尾和俊 解説:勝谷誠彦 本体価格730円
※お求めはお近くの書店、または西日本出版社へ。
『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』も好評発売中です。
超麺通団4
麺通団が贈る、讃岐うどん巡りの最新バイブル『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方』が、4月の発売以来、まだまだ売れ続けているようです。

団長 「“ようです”って(笑)」
内山 「いや、ほんと、売れ続けてますよ」

今や、讃岐うどんの店紹介はネットや雑誌であふれ返っていますが、 人気店をきちんとカテゴライズして、讃岐うどんの何たるかをきちん と知りながら店選びができるのは、この1冊を置いて他にない! と いう評判の1冊です。団長のおなじみバカ話も、前号をはるかに凌ぐ 文章量と暴走ぶり(笑)。讃岐うどん巡りのお伴に、損はさせない1冊です。
FM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』、ついに放送300回突破!
日本全国はもとより、遠くアメリカ、バンコク、スイスにまでポッドキャスト・リスナーが広がるFM香川の超人気番組『麺通団のうどラヂ』が、ついに放送300回を突破! メインパーソナリティーは田尾団長、お伴に麺通団員のごんとH谷川君を従えて、うどん屋の大将も時々ゲストに迎えて爆笑トークの連続(自分で書いてて恥ずかしいわ)。ポッドキャストからダウンロードして車でかけながらアメリカ大 陸を横断したリスナーも出現するなど、ツボにはまると抜けられなくなる番組のようです(笑)。本編は香川・岡山エリアの人だけ毎週土曜日の夕方6時15分から15分間聴けますが、ポッドキャストでは本編でカットされた部分も入って毎回20分前後のオバカトーク。300回全部聴くと100時間近くなりますが、私はこないだ、仕事しながら3時間もぶっ続けで聴きました。

団長 「いやー、おもろかったわー」
ごん 「自分でしゃべったネタじゃないですか!」

「そこまで言うなら」と思った方は、FM香川のホームページからポッドキャストの『うどラヂ』にたどり着いてみて下さい。ずーっとおもしろ いですけど、時々、腹筋攣るぐらいおもろいのに当たります(笑)。


麺通団の仲間たち
吉祥寺麺通団
2月28日(日)をもちまして閉店させていただくことになりました。長い間ご愛顧いただきどうもありがとうございました。
水道橋麺通団
毎週月曜日アゲアゲデー!揚げ物半額50円のお得なサービスやってます!ぜひどうぞ!
福岡麺通団
曜日限定サービスなど、お得な情報はFacebookの福岡麺通団のページへ!
 
 
リンク

麺通団員関連情報

初代讃岐うどん王・盛の大将のお店
「はまんど」

TJ-Kagawa二代目編集長・マングース佐伯のサイト
「香川のガイドカルチェ」


麺通団関連メディア情報

麺通団のラジオ番組サイト
「続・麺通団のうどラヂ」

麺通団の本を出版する内山さんとこのサイト
「西日本出版社」


讃岐うどんのお店から

大衆セルフのパラダイス「いきいきうどん」の
「宮武讃岐製麺所」


みんなで考えよう

うどん屋かっちゃん(笑)のオフィシャルサイト
「勝谷誠彦website」

原理原則を学ぶ「目からウロコ」サイト
「長生塾」

 
団長日記(ほぼ毎日更新)) 団長日記バックナンバーへ
2016年12月5日(月)

 日曜日の午前中が最終リミットだった「残り6連山の1つ目」が、何と午前11時48分に完了する! というあまりに見事なスケジュールに軽く酔ってしまって(ま、最初は金曜日アップ予定だったのだが)、久しぶりの峰山ウオーキングに3時間も費やしてしまった。

 秋冬の里山はええねえ。スズメバチはおらんし、クモも巣を撤収してるし、木の葉が落ちて眺望が開けてきたし。

 そういえば10年くらい前、峰山でオオスズメバチに刺されて太ももが1.2倍に腫れ上がっていた頃、地元の里山ウォーキングの権威の方が四国新聞に「最近、ハチやヘビが出るからといって里山ウォーキングを避ける人がいるが、ハチやヘビも一生懸命生きているのだ」みたいな無茶苦茶なコラムを書いていたのを読んだことがあるが、すまんけど私も一生懸命生きているので、「ハチとヘビと自分」の三択なら「自分」を優先させていただきたい(笑)。

 ちなみに、今日は峰山山中のメインルートを外れて獣道みたいな所をいくつか歩いてみたのですが、どんぐりがいっぱい落ちている数カ所の道で、人の手とは思えないような土をほじくった跡を見かけました。峰山、イノシシがおるんちゃいますか? もしおったら、あいつらどんぐりばっかり食ってる「イベリコイノシシ」かもしれんですよ(笑)。

***

 というわけで、この忙しかった2ヵ月くらいの間にちょこちょこメモだけしていたネタの中から、チンペイを懲らしめるために数字がいっぱい出てくるやつを一つ(ま、懲らしめる理由は何もないんだけど・笑)。

 今年の4月頃、毎日新聞の地方版にこんな記事が出た。

▲四国電力は8日、今夏の電力需給について、7月下旬の再稼働を目指す伊方原発3号機(愛媛県伊方町、89万キロワット)が再稼働せず、2010年並みの猛暑となっても予備率は8月で5・8%を確保できるとの見通しを示した。安定供給に最低限必要な3%を上回る。

 この時にも「あれ?」と思ったのだが、今度は10月の終わり頃、四国新聞にこんな記事が出た。

▲四国電力は28日、今冬の電力の需給見通しを発表した。伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働により、新電力を含めた四国の供給余力(予備率)は昨冬を上回る9.2%を確保できる見通し。
(中略)
▲需要面は、11年度並みの厳冬となった場合の最大電力を491万キロワットと想定。予備率は12月が9.3%、1月が10.4%、2月が9.2%と見込んでいた。安定供給には3%が最低限必要とされる。

***

 何が「あれ?」かというと、「安定供給に最低限必要とされる予備率の3%って何? そんなに低くていいの?」という第一感があったからである。石油化学プラントのエネルギー等の予備率というか安全係数は15〜20%くらいだと教えてもらったし、早明浦ダムは最大利水容量が2億トンぐらいなのに有効貯水量が3億トンもあるし(予備率で言うと30%以上?)、石油の備蓄なんか国と民間に義務づけられたものだけで日本の全需要の5ヵ月分もあるし。

 まあ、早明浦ダムや石油備蓄は電力と直接比較できる対象じゃないかもしれないけど、何となく、「3%」というのはあまりにギリギリの数字で、とても万が一の時に安定供給ができるレベルの話に思えなかったからである。

 そこで調べてみると、経済産業省のホームページの中に「予備率は、通常8%以上、最低でも3%以上は必要とされる」という表記が見つかった。そこでさらに「通常8%以上」と「最低でも3%」の2つの数字の根拠を探してみたら、電力広域的運営推進機関のホームページの中に、「LOLP解析により得られた偶発的受給変動対応分7%(連系線期待分3%を除く)に、EPA方により算出された持続的需要変動対応分1〜3%を加えた8〜10%を供給予備力(率)とする」という、ややこしい計算式のついた記述が見つかった。

 ふーむ。フ、フーム、フーム(上原にウケたのでもっかい使ってみた)。経産省HPの「通常8%以上」というのはこれのことか。しかし、「最低でも3%以上」という数字の根拠が見つからんぞ…。

 そこで、「3%」の根拠探しを一旦やめて、今度は実績のデータを探してみることにした。すると、電気事業連合会のホームページの中に「実績供給予備率」の過去データがありました。その数字は以下の通り。

<国内電力10社の冬期平均予備率(カッコ内は四国電力)>
2001年 26.5%(24.9)
2002年 18.5%(20.9)
2003年 21.3%(27.6)
2004年 18.0%(18.4)
2005年 13.2%(10.6)
2006年 20.7%(26.7)
2007年 11.6%(15.1)
2008年 21.4%(18.6)
2009年 18.6%(15.7)
2010年 17.3%(22.2)

 これ、2010年ですから震災前まで、つまり原発が稼働していた時の数字ですけど、予備率はずーっと10〜20%で来てるじゃないですか。ということは、たぶん原発を止めたら途端に予備率が一桁台に落ち込んだということじゃないですか?

 で、ここからいろんなことが想像できるわけです。例えば、
・本来、予備率の設定はもっと高かったのではないか? もしそうだとしたら、原発を止めた後、どないしても設定予備率に届かないので設定予備率を下げた、つまり、つじつま合わせのために「ゴールを動かした」のではないか?
・もし、震災前から予備率の設定が同じだったとすると、震災前の予備電力(発電能力)は多すぎたのではないか? あるいは、日本の安全意識は押し並べて過剰すぎるんじゃないか? すると、早明浦ダムなんか、香川用水にもっとたくさん流しても問題ないんじゃないか? そうすれば香川の渇水もほとんど解消するんじゃないのか?(私は、早明浦から池田ダム経由の香川用水の取水制限は、利権と感情の絡んだ人災の要素がかなりあると思っていますが)

 …等々。ま、素人判断はこれぐらいにしとこう(笑)。

 ただし、現在の設定が「予備率は通常8%以上、最低でも3%以上は必要とされる」であるなら、新聞は「通常」の方を書くべきで、百歩譲っても「通常」と「最低限」の両方を書くべきで、「最低限」の方だけを書くというのは「原発なしでも電気は十分足りている」という主張をサポートするという理由が先に立った「不誠実な情報発信」ではないかと思った、という話でした。「データには忠実に、発信は(バイアスを排除して)誠実に」というのが私のモットーなもので。


2016年12月3日(土)

 ふう、「残り6連山の1つ目」を金曜日中に上げて土、日と2日連続で朝から峰山に登ろうと思っていたのに、途中で詰まってしまってまだ終わらん。

 今日は朝の7時台から頑張っていて、11時過ぎから気分を変えて第二書斎のクラフトマンズファクトリーに行って原稿の続きに取り組んでいたのだが、そこでマスターと「コーヒーの神」談義が始まり、午後1時過ぎにインタレストを渡すために店に笹木を呼んで、そこで「まあうまいコーヒーを一杯飲んで行けや」と言って(誰の店や・笑)いろいろ情報交換をしていたら、2時半になってしまった。

 3時頃家に帰って、再び原稿に取りかかる。取材したテープ起こし原稿を文章に構築するのだが、たぶん1万2000字くらいにまとまるであろう原稿の、だいたい7000字あたりで詰まっている。なるべく早めに…といつも思っているのだが、日曜日の午前中が最終リミット。もう後がなくなったぞ…などと書いている暇もないのだが、パソコンに向かっていても頭の中で文章構成が堂々巡りし始めたので、一度オールクリアするための手遊びで(笑)。





すべてのコンテンツの無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社麺通団プロダクト&マネジメントに 帰属します。
Copyright (C) 2010 Mentsudan Product & Management Inc. All Rights Reserved.